Top / 西沢渓谷周辺のシダ / コケシノブ


コケシノブ

コケシノブ科 コケシノブ属 Hymenophyllum wrightii

コケシノブ、2回羽状に分かれ羽片は下向き(狭い角度)につく。葉脈は濃い色を示す。2017年7月2日 西沢渓谷 

生育している環境:西沢渓谷では標高の高いところ(1400m付近)で観察された。夏緑広葉樹林内、やや明るいあまりウエットではない林床にある朽ちかけた木の株に群生。

観察された特徴:常緑性。葉の大きさは1.5~2.5cm程度と小さい。羽片は中軸に対して狭い角度でつき下向きに垂れ下がることが多い。中軸には翼がある。葉は緑色~濃緑色で蝋のような艶があり葉脈は濃褐色~黒褐色で目立つ。胞子嚢群は裂片の先につき、基部まで深く裂けた包膜は二枚貝状に開き胞子嚢群を抱く。

生育確認数:1地点。西沢渓谷。

木の株にコケと共に群生するコケシノブ。下のシダはシノブカグマ。2017年7月2日 西沢渓谷 コケと共に群生するコケシノブ。2017年7月2日 西沢渓谷
(1)木の株に群生するコケシノブ、下はシノブカグマ
(2)コケと共に生育するコケシノブ

コケシノブ、胞子嚢群。2017年7月2日 西沢渓谷
コケシノブ、羽片

コケシノブ、胞子嚢群。2017年7月2日 西沢渓谷 コケシノブ、胞子嚢群。2017年7月2日 西沢渓谷
(1)、(2)コケシノブ、胞子嚢群