Top / 観察会レポート / 平成23年12月23日(金) 二子山源流周辺の森


平成23年12月23日(金) 葉山森戸川上流  観察会レポート

○東逗子駅を出発し、沼間小学校上の谷に入りました。リョウメンシダが一面に生育する谷でオオカナワラビの群落(約10株)を観察しました。大きさは100㎝を越えていました。ミウライノデ、ドウリョウイノデなどを観察しました。森をぬけて再び住宅街に入り民家の石垣でホウライシダ、オニヤブソテツを観察しました。
2011,12,23沼間
オオカナワラビ

大きさは1mを越える。2011,12,23沼間
オオカナワラビ

胞子のう群は辺縁寄りにつく。2011,12,23沼間
オオカナワラビの胞子のう群

2011,12,23沼間
ミウライノデ

2011,12,23沼間
ミウライノデ葉柄上部鱗片

2011,12,23沼間
ミウライノデ葉柄基部鱗片

2011,12,23沼間
ミウライノデ葉柄鱗片の鋸歯

2011,12,23沼間
ミウライノデ葉身上部の胞子のう群

2011,12,23沼間
ミウライノデ葉身下部の胞子のう群

○次に逗葉新道インター付近の谷に入りました。入り口を高速道路で閉鎖された谷でシダ類がよく繁茂している谷でした。ヘラシダ、ヤブソテツ類(ナガバヤブソテツ・ナガバヤマヤブソテツ・テリハヤブソテツ・ヤマヤブソテツ)、ウラジロの群落、キジノオシダ(1株)、シロヤマシダの群落(約15株)トウゲシバの群落(10~20株くらいのまとまった群落が10箇所程度)、アイノコクマワラビ、ミウライノデ、ドウリョウイノデなどを 。
seitai12011,12,23逗葉隧道
ウラジロの群落

seitai12011,12,23逗葉隧道
キジノオシダ

羽片基部上側は中軸に流れてつく。2011,12,23逗葉隧道
キジノオシダ下部羽片

2011,12,23逗葉隧道
キジノオシダ頂羽片

2011,12,23逗葉隧道
シロヤマシダ

2011,12,23逗葉隧道
シロヤマシダ羽片

側脈はほぼ2叉する。2011,12,23逗葉隧道
シロヤマシダ胞子のう群

2011,12,23逗葉隧道
トウゲシバ

2011,12,23逗葉隧道
トウゲシバ胞子のう群

○次に森戸川源流部に入りました。源流沿いでは大きさが150㎝を越えるオオバノハチジョウシダ(1株)が見られました。アイアスカイノデは中腹や尾根沿いでは観察できませんでしたが渓谷沿いでは数株ずつの小さな群落が点在して生育していました。イノデ類の雑種はミウライノデ、オオタニイノデ、ドウリョウイノデの3種が見られました。最源流部は緩やかな起伏の林の中を源流が蛇行しながら流れていました。安定した森の指標であるトウゲシバもちらほらと見られました。

外見はアイアスカイノデに似ている。2011,12,23森戸川源流
オオタニイノデ

2011,12,23森戸川源流
オオタニイノデ葉柄上部鱗片

2011,12,23森戸川源流
葉柄上部鱗片の拡大

2011,12,23森戸川源流
オオタニイノデ葉柄下部鱗片

2011,12,23森戸川源流
オオタニイノデ葉柄基部鱗片

2011,12,23森戸川源流
オオタニイノデ葉身上部の胞子のう群

渓谷の斜面に生育2011,12,23森戸川源流
オオバノハチジョウシダ

2011,12,23森戸川源流
オオバノハチジョウシダ葉身

2011,12,23森戸川源流
オオバノハチジョウシダ側羽片の先端

2011,12,23森戸川源流
オオバノハチジョウシダ胞子のう群

観察した個体は大きく、葉の大きさは120cmを越えていました。2011,12,23森戸川源流
ドウリョウイノデ

2011,12,23森戸川源流
ドウリョウイノデ葉柄上部鱗片

2011,12,23森戸川源流
ドウリョウイノデ葉柄基部鱗片

2011,12,23森戸川源流
ドウリョウイノデ葉柄鱗片の鋸歯

2011,12,23森戸川源流
ドウリョウイノデ葉身上部胞子のう群

2011,12,23森戸川源流
ドウリョウイノデ葉身下部胞子のう群

○ヤブソテツ属の仲間は、オニヤブソテツ、ナガバヤブソテツ、ヤマヤブソテツ(つやのないtype)、テリハヤブソテツとナガバヤマヤブソテツの5種で、ヤブソテツは確認できませんでした。
2011,12,23森戸川源流
ヤマヤブソテツ

2011,12,23沼間
ナガバヤマヤブソテツ

2011,12,23沼間
ナガバヤマヤブソテツの羽片

○イタチシダの仲間はヤマイタチシダとオオイタチシダの3つのtypeが見られました。オオイタチシダの3typeは厚葉艶type、ベニオオイタチシダtype(アイロンをかけたように平)、艶ナシtypeです。
2011,12,23二子山歩道
ヤマイタチシダ

オオイタチシダの中では普通に見られるtype。2011,12,23二子山歩道
オオイタチシダ厚葉艶type

葉の表面に艶があり辺縁は多少巻く。2011,12,23二子山歩道
オオイタチシダ厚葉艶typeの羽片

○今回はたいへん寒い中での観察会でした。川の中を歩くことも多く身体が芯から冷えてしまいました。もっとゆっくり調べたいところもいくつかあったのですが、時間の関係でざっとしか見ることができませんでした。シケシダ類もちらほら見かけましたが良好な状態の胞膜を観察することはできませんでした。暖かくなったらもう一度歩いてみたいと思っています。