Top / 観察会レポート / 平成23年3月26日(土) 湯河原藤木川


平成23年3月26(土) 湯河原藤木川沿い 観察会レポート

  • 河口近くにある潮音寺から観察を始めました。潮音寺ではマツザカシダが普通に生育していました。なお、マツザカシダは奥湯河原のもみじの郷入り口付近まで生育が確認できました。
    マツザカシダ2011,3,26潮音寺 
  • 湯河原の民家周辺の石垣ではタマシダが大きな群落を形成して生育。根元付近に名前の所以となった球形の器官が見られました。
    タマシダ2011,3,26湯河原駅

タマシダ2011,3,26湯河原駅

  • 湯河原温泉街の静岡側になりますが、泉地区の針葉樹の薄暗い谷沿いではホソバカナワラビコバノカナワラビが林床を覆っていました。その中にヘラシダノコギリシダの大きな群落がときどき見られました。また、クリハランもよく見られました。
    ヘラシダ2011,3,26熱海市 泉 

ノコギリシダ2011,3,26熱海市 泉 

  • 泉地区の道路沿いの石垣にセフリイノモトソウが生育。
    セフリイノモトソウ2011,3,26熱海市 泉

セフリイノモトソウの中軸の翼のようす2011,3,26熱海市 泉

  • 奥湯河原の山道沿いのやや日当たりのよい石垣でチャセンシダの生育を確認。生育確認数は1地点 3株。
    チャセンシダ2011,3,26奥湯河原
  • 広河原林道沿いの谷でヒメカナワラビの写真を撮影しました。ここで観察された個体の葉身の形は長さにくらべ幅が相当大きいです。県内の他地域で観察されたものとの違いが見られます。
    ヒメカナワラビ2011,3,26広河原
  • 広河原林道終点付近で上流に向かって左側に伸びる支流に入る。フモトカグマサジランミドリカナワラビを観察しました。
    フモトカグマ2011,3,26藤木川上流

サジラン2011,3,26藤木川上流

サジランの葉柄2011,3,26藤木川上流

ミドリカナワラビ2011,3,26藤木川上流

ミドリカナワラビの根茎2011,3,26藤木川上流

  • ヤブソテツの仲間について
    • オニヤブソテツは奥湯河原あたりまでは普通に見られました。
    • テリハヤブソテツは海岸線から山の中まで広く見られました(どこにでもある)。
    • ナガバヤマヤブソテツはおもに奥湯河原から上流域で見られました。
    • ヤブソテツはおもに奥湯河原から上流域で見られました。
    • ヤブソテツ(ツヤナシヤマヤブソテツtype)ヤマヤブソテツ(ツヤなし)はおもに奥湯河原から上流域で見られました。
    • ヤブソテツ(テリハヤマヤブソテツtype)ヤマヤブソテツ(ツヤあり)はおもに天照神社参道から上流域で見られました。