Top / 観察会レポート / 平成23年6月18日(土) 川崎市北部


平成23年6月18日(土) 川崎市北部  観察会レポート

 川崎市早野地区(早野霊園)および川崎市緑ヶ丘霊園・県立東高根森林公園付近の山でシダ植物を観察しました。

 早野地区の森と川崎市緑ヶ丘霊園付近の森の2箇所には、2001年10月、3種(イワヘゴホソバイヌワラビキヨスミヒメワラビ)計70株のシダが小田急線新百合ヶ丘駅付近の森(麻生区万福寺3~6丁目)より移植されました。土地開発を行う区画整理組合が、川崎市の指導を受け行ったものです。

 もともとの生育地は、区画整理によって今は完全に失われました。当時私たちはシダを生育地ごと保存することを訴えましたが、シダのみが移植されることになりました。

 移植するシダの種類の選定や移植先・移植方法などは私たちが提案しましたが、シダによってはうまく育っていないものも見られます。今回の観察会ではそれらがどのような状態になっているか確認する目的もありました。

川崎市早野霊園付近の森で見られたシダ

  • 泥岩の露頭でミツデウラボシを観察しました。林縁のやや日当たりのよい崖です。三浦半島や鎌倉あたりでは普通に見られますが、川崎市内では生育地は多くありません。観察された個体の大きさは15~20cmあり、よく成長した株でした。
    ミツデウラボシ2011,6,18早野霊園
  • 周辺のスギ林内でエンシュウベニシダの群落を確認しました。起伏に富んだ地形でやや傾斜のきつい斜面に中腹部に生育していました。
    エンシュウベニシダ生態2011,6,18早野霊園

エンシュウベニシダ胞子のう群2011,6,18早野霊園

エンシュウベニシダ胞子のう群2011,6,18早野霊園

エンシュウベニシダ葉柄鱗片2011,6,18早野霊園

川崎市早野霊園付近の森に移植されたシダについて

  • スギ林斜面で移植されたイワヘゴの生育を確認しました。イワヘゴは大きいものでは90㎝に達していました。個体数も維持されているようでした。
    イワヘゴ2011,6,18早野霊園
  • 移植されたホソバイヌワラビの生育は再確認できませんでした。絶えてしまったようです。

緑ヶ丘霊園付近の森で見られるシダについて

  • 周辺のスギ林斜面ではオニカナワラビの小さな群落を確認しました。生育している個体の大きさは60~80㎝。
    オニカナワラビ2011,6,18緑ヶ丘霊園

オニカナワラビ胞子のう群2011,6,18緑ヶ丘霊園

緑ヶ丘霊園付近の森に移植されたシダについて

  • スギやシラカシなどの常緑広葉樹のよく茂った林内でイワヘゴの生育を確認しました。ここでもイワヘゴは順調に生育していました。増えているようには見えませんが現状維持です。
  • ホソバイヌワラビ
    時間の関係で正確には個体数を調査することはできませんでしたが、合計6株生育しているのを確認しました。そのうち2株は葉の大きさは25~30cmで胞子のう群をつけていました。残りの4株は小株で胞子のう群をつけていませんでした。当時約20株移植されたことから考えると相当減少しています。
    ホソバイヌワラビ2011,6,18緑ヶ丘霊園

ホソバイヌワラビ胞子のう群2011,6,18緑ヶ丘霊園

ホソバイヌワラビ小羽軸上のトゲ2011,6,18緑ヶ丘霊園

  • キヨスミヒメワラビ
    もともと1株しか生育していませんでした。その1株の生育を確認しました。移植された個体の葉の大きさは30~40cmで胞子のう群はつけていましたがかろうじて生存しているという感じでした。
    キヨスミヒメワラビ2011,6,18緑ヶ丘霊園

キヨスミヒメワラビ葉柄鱗片2011,6,18緑ヶ丘霊園

県立東高根森林公園で見られるシダについて

  • シラカシ林の斜面でベニシダオオイタチシダサイゴクベニシダがともによく見られました。
    サイゴクベニシダ2011,6,18東高根森林公園
  • 湿生植物園がありイヌスギナはきちんと区画されたコーナーで栽培(たぶん)されていました。
    イヌスギナ2011,6,18東高根森林公園湿生植物園

イヌスギナ関節部2011,6,18東高根森林公園湿生植物園

  • 石組みの小川沿いにジュウモンジシダが多数生育していましたが、公園が改修(2003年頃)される以前には生育が確認できなかったシダです。
  • サカゲイノデがスギおよびシラカシ等の常緑紅葉樹の混生林下に5株成育していました。ただしこれらについても公園が改修(2003年頃)される以前には生育が確認できなかったシダです。、
    サカゲイノデ2011,6,18東高根森林公園

サカゲイノデ中軸鱗片2011,6,18東高根森林公園

ホソバイヌワラビキヨスミヒメワラビに関してはこのままでは市内から消滅してしまうことも考えられるので、適地が見つかれば再移植の実施、あるいは公園等での管理栽培を市に提案していくことを考えています。