Top / 観察会レポート / 平成24年8月1日(水) 大雄山最乗寺周辺の森


平成24年8月1日(水) 大雄山最乗寺方面  観察会レポート

・8時に大雄山駅を出発し、山門に向かう急な上り坂の門前町に沿って最乗寺へ向かいました。最乗寺の社叢林(?)およびその周辺の森は東西に2.5km~3km、南北およそ600m~1kmあります。南北両側を渓谷に挟まれ自然環境の変化に富んだ森です。観察を終えて大雄山駅に戻ってきたのは午後4時頃でした。今回もシダに詳しい方がご一緒してくださり、いろいろ教えていただくことができました。ありがとうございました。

観察したおもなシダについて紹介いたします。
1 林縁や明るい林内に生育するシダ
コンテリクラマゴケ 
コンテリクラマゴケ
※民家の近くのやや明るい林縁で夏草に混じって旺盛に生育。




やや明るい林縁に生育
ホソバシケシダ
※シケシダ・ホソバシケシダは林縁から林内まで見られました。




葉の色は黄緑色、羽片・小羽片は込みあってつく。小羽片は無柄
ヒメワラビ

下部羽片の基部につく小羽片を除き、小羽片は無柄 羽軸表側には微毛が生える
ヒメワラビ小羽片      ヒメワラビ羽軸

葉柄は白粉を帯び、白緑色に見える。手でさわると白粉はとれる ヒメワラビ胞子のう群
ヒメワラビの葉柄           ヒメワラビの胞子のう群




葉柄は白粉を帯びず、隣り合う羽片間の間隔は広く小羽片は有柄、葉の色はヒメワラビよりも濃い緑色
ミドリヒメワラビ

小羽片は有柄 羽軸表側には目立った毛は生えない
ミドリヒメワラビ小羽片               ミドリヒメワラビ羽軸




羽片・小羽片はやや込みあってつき外観はヒメワラビに似る。小羽片は有柄
アイヒメワラビか?ミドリヒメワラビ2020年1月22日訂正

小羽片は有柄 葉柄は白粉を帯びない
アイヒメワラビ?ミドリヒメワラビ小羽片  アイヒメワラビ?ミドリヒメワラビ葉柄

羽軸表面には微毛がある 羽軸表面には微毛がある 
アイヒメワラビ?ミドリヒメワラビ羽軸  アイヒメワラビ?ミドリヒメワラビ羽軸(拡大) 
※ヒメワラビはおもに林縁などひのる良く当たるところに生育、黄緑色、葉柄は白粉を帯びる。ミドリヒメワラビは林縁~林内に生育しヒメワラビよりもやや暗いところで多く見られ、葉柄は白粉を帯びない。アイヒメワラビ?の外観はヒメワラビに似て羽片・小羽片とも込み合ってつくが、小羽片には短い柄がある。葉柄は白粉を帯びない。2020年1月21日削除




葉身の形は広三角〜五角形、新しく展開した葉は黄緑色
ヒメイタチシダ不明オシダ属のシダ2015年10月23日訂正
※新芽は黄緑色、最下羽片はよく発達し、成葉は五角形状になる。1株のみ見られた。




2 川沿い・渓谷沿いン生育するシダ
川沿いのやや明るい林内や林縁でヒカゲワラビオオバノハチジョウシダが見られました。参道沿いのスギ林の一つの谷ではオオバノハチジョウシダのみが群生していました。
ヒカゲワラビ、葉身の形は五角形、最下羽片には長い柄がある 
ヒカゲワラビ

葉柄下部には披針形黒褐色の鱗片がつく
ヒカゲワラビ葉柄下部の鱗片

ヒカゲワラビ、最下羽片には長い柄がある 最下羽片には長い柄がある
ヒカゲワラビ最下羽片(上左)
ヒカゲワラビ最下羽片の柄(上右)

ヒカゲワラビ、羽片 胞子のう群は線形で裂片の中肋寄りにつく
ヒカゲワラビ、羽片(上左)
ヒカゲワラビの胞子のう群(上右) 





葉身は大きく1.5〜2mに達する
オオバノハチジョウシダオオバノアマクサシダ2020年1月21日訂正

裂片の辺縁が内側折れ曲がり胞子のう群を包み込む
オオバノハチジョウシダオオバノアマクサシダ胞子のう群




3 スギなどの植林地の谷沿いのウエットな林床に生育するシダ
フモトシケシダ
フモトシケシダ

フモトシケシダの葉柄の下部は黒褐色 フモトシケシダの胞子のう群 
フモトシケシダ葉柄下部            フモトシケシダ胞子のう群

フモトシケシダの胞膜上には毛が生える
フモトシケシダ胞膜には微毛が生える




ウエットな林内に生育 
セイタカシケシダ

新芽全体が白色の微毛に覆われる 胞子のう群は中肋よりにつく
セイタカシケシダ新芽         セイタカシケシダ胞子のう群
※シケシダの仲間はシケシダ、ナチシケシダ、フモトシケシダ、ホソバシケシダ、セイタカシケシダなどが見られました。このうちウエットな林内にはセイタカシケシダ、フモトシケシダが見られました。




ウエットな林内に生育
ヤブソテツ羽片の細いツヤナシヤマヤブソテツに変更します。2015年12月1日




林床に生育していることが多い 
ホソバヤマヤブソテツ

羽片は艶が無く線形、耳垂はあまり発達しない
ホソバヤマヤブソテツ羽片
※ヤブソテツの仲間は6種類ほど観察できました。石垣や崖などを好んで生育するものもありますが、今回スギ林下部ではヤブソテツとホソバヤマヤブソテツが見られました。ヤブソテツについては、ヤマヤブソテツの葉の細いtypeの可能性もあるので、春先の芽立ちの時期にあらためて観察したいと思います。




葉の質は厚く小羽片はあまり切れ込まない
ヒロハイヌワラビ

胞子のう群は長い三日月〜線形
ヒロハイヌワラビ胞子のう群




小羽片切れ込み深く前側耳片発達。葉の質やや厚い。 
オオカラクサイヌワラビ

小羽片の形ヒロハイヌワラビ似、前側耳片発達。
オオカラクサイヌワラビ胞子のう群




外観ヤマイヌワラビ似、小羽片前側耳片発達 
ヤマカライヌワラビ

小羽片の幅が広く、小羽片前側耳片が発達し羽軸に重なることがある 胞子のう群は短い三日月〜線形に馬蹄形が少し混じる
ヤマカライヌワラビ小羽片         ヤマカライヌワラビ胞子のう群
※イヌワラビの仲間は7種類観察できました。
・ヒロハイヌワラビはスギ林下〜中腹部の林床で見られました。
・オオカラクサイヌワラビ(ヒロハイヌワラビ×カラクサイヌワラビ)も見られました。葉の質はヒロハイヌワラビの厚い感じが出ていました。ヒロハイヌワラビにくらべ小羽片前側耳垂が発達し羽軸に重なることがある。胞子のう群は三日月型。
・ヤマカライヌワラビ(ヤマイヌワラビ×カラクサイヌワラビ)も同様な環境で生育していました。写真がピンボケですみません。次回行ったときにもっと良い写真を撮り直します。[#k1248465]




ウエットなスギ林の林床に生育
シケチシダ

羽軸の付け根の中軸上に肉芽ができる 胞子のう群は楕円形で胞膜は無い
シケチシダ中軸上の肉芽            シケチシダ胞子のう群
※生育状態・環境によって葉身の大きさが異なり、羽片の切れ込み方も異なる場合がある。葉身は2回〜3回羽状に分かれる。




ウラゲイワガネ 
ウラゲイワガネ

羽片裏側には微毛が密生する
ウラゲイワガネ羽片裏面の微毛
※葉の裏の微毛は慣れると手触りでも分かるが、ルーペで観察すると明確。イワガネゼンマイと同様の環境に生育している。




葉の表面には艶がなく、下部胞子のう群は耳垂両脇にほぼ2個ずつ規則的につく
サイゴクイノデ

葉柄基部には辺縁が淡色になる栗色の鱗片が混ざる
サイゴクイノデ葉柄基部の鱗片
※イノデの仲間は7種類観察できました。サイゴクイノデはもっと生育していると思われますが、今回観察できたのは1株だけでした。




小羽片の形や葉身の先端は尾状になる点はイノデモドキに似ている
キヨズミイノデ(イノデモドキ×サイゴクイノデ)

イノデモドキにくらべ葉柄は長 葉柄および中軸には顕著な鋸歯がある鱗片が密生するとともに栗色で辺縁が淡色になる鱗片がつく
キヨズミイノデの葉柄          キヨズミイノデの葉柄下部鱗片

胞子のう群は辺縁寄りにつく 胞子のう群ははじけず、つぶれたように固まり雑種の特徴を示している
キヨズミイノデの胞子のう群            キヨズミイノデの胞子のう群

※観察されたキヨズミイノデ(イノデモドキ×サイゴクイノデ)の外観は、小羽片の形や葉身の先が尾状になるところはイノデモドキに似ているが葉の光沢はやや劣る。葉柄はあまり短くならず葉柄や中軸の鱗片は辺縁に顕著な鋸歯があり、栗色で辺縁が淡色になる鱗片が混ざる。胞子のう群は辺縁よりにつく。写真がピンボケですみません。[#k1248465]




4 スギなどの植林地の中腹部の林床に生育するシダ
スギ林内の谷沿いの斜面にときどき見られる。
ナガバイタチシダ

ナガバイタチシダ、葉身
ナガバイタチシダ、葉身 

葉柄下部には広披針形褐色膜質の鱗片をつける ナガバイタチシダ、中軸表側の溝
ナガバイタチシダ、葉柄鱗片(上左)
ナガバイタチシダ、中軸表側の溝(上右)
 
ナガバイタチシダ、最下羽片 最下羽片前側第1小羽片は発達する 
ナガバイタチシダ、最下羽片(上左)
ナガバイタチシダ、羽片(上右)

最下羽片の柄は長く2〜3cmに達する 胞子のう群は裂片の中肋よりにつく
ナガバイタチシダ最下羽片の柄(上左)
ナガバイタチシダ胞子のう群(上右)
※ナガバノイタチシダは参道スギ林内に広範囲に生育しているが、1〜2株の単位で生育していることが多いのであまり目だたない。場所によっては10〜15株程度の群落も数箇所みられる。




参道スギ大木林床に広範囲に群生 
フモトカグマ

フモトカグマ、中軸表側 フモトカグマ、中軸裏側
フモトカグマ、中軸表側(上左)
フモトカグマ、中軸裏側(上右)

フモトカグマ、小羽片は独立する
フモトカグマ小羽片 

フモトカグマ、胞子のう群 フモトカグマ、包膜
フモトカグマ、胞子のう群(上左)           フモトカグマ、包膜(上右)
※参道に沿ってスギ林山地中腹部に大群落を形成している。




シロヤマシシダ
※今夏の大雨の影響で生育地に土砂が流れ込み、根茎部分が土砂に埋もれてしまった株が多数見られた。今後の生育に影響が出てくると思われます。大きくて存在感のあるシダなので以前と同じように回復して欲しい。




5 乾燥ぎみの林内に生育するシダ
ナチシケシダは奥の院などのある山の上部で、周りがスギ林に囲まれた陽の当たる草地で生育していました。渓谷沿いなどでも見つかるのではないかと思います。
撮影地は林内の一部に広がる草地で上部からの日光はよく当たるところ 
ナチシケシダ

観察した個体の羽片表・裏面葉脈上には毛がある  
ナチシケシダ葉身

胞膜の辺縁は激しくほつれる 胞膜の辺縁は激しくほつれる
ナチシケシダ胞子のう群                 ナチシケシダ胞膜
※写真の個体は植物体全体に微毛が多いこと・胞膜の辺縁のほつれが中肋側で不完全であることからセイタカナチシケシダの可能性も考えられる。




6 樹幹や岩に着生するシダ
川沿いの切り立った岩壁面に着生 胞子のう群は大きく葉の先端にまとまってつく
ヒメノキシノブ                 ヒメノキシノブ胞子のう群




林内の岩壁面や樹幹に着生
マメヅタ
※コケシノブ科のシダもたくさん観察できたのですが、当日は天気がよく乾燥でちじれた感じになっている個体が多くよい写真が撮影できませんでした。




今回の観察会で見られたシダ
○ホソバトウゲシバ 
○イヌカタヒバ・クラマゴケ・コンテリクラマゴケ
○スギナ・トクサ 
○オオハナワラビ
○ゼンマイ
○ウラジロ
○カニクサ
○コウヤコケシノブ・キヨスミコケシノブ・ウチワゴケ
○フモトシダ・フモトカグマ 
○イワヒメワラビ 
○ワラビ 
○シノブ・トキワシノブ 
○タチシノブ 
○イワガネソウ・イワガネゼンマイ・ウラゲイワガネ
○イノモトソウ、・オオバイノモトソウ・オオバノハチジョウシダ
○コバノヒノキシダ・トラノオシダ・イワトラノオ
○コモチシダ
○オニヤブソテツ・テリハヤブソテツ・ヤマヤブソテツtype1・ヤマヤブソテツtype2厚葉艶有・ヤブソテツ・ナガバヤマヤブソテツ
○ジュウモンジシダ・サイゴクイノデ・イノデモドキ・イノデ・アイアスカイノデ・ドウリョウイノデ・キヨスミイノデ
○オニカナワラビ・ハカタシダ・オオカナワラビ・リョウメンシダ
○ナガバノイタチシダ・イワヘゴ・ベニシダ・トウゴクシダ艶有・トウゴクシダ艶無・オオベニシダ・クマワラビ・オクマワラビ・アイノコクマワラビ・ヒメイタチシダ・ヤマイタチシダ・オオイタチシダtype1・オオイタチシダtype2・オオイタチシダtype3・オオイタチシダtype4
○キヨスミヒメワラビ
○ヒメワラビ・ミドリヒメワラビ・アイヒメワラビ・ミゾシダ・ゲジゲジシダ・ホシダ・ヤワラシダ
○イヌワラビ・ホソバイヌワラビ・ヤマイヌワラビ・カラクサイヌワラビ・ヒロハイヌワラビ・オオカラクサシダ・ヤマカライヌワラビ
○ホソバシケシダ・フモトシケシダ・シケシダ・ハクモウイノデ・セイタカシケシダ・ナチシケシダ
○クサソテツ・イヌガンソク
○キヨタキシダ・ヒカゲワラビ・シロヤマシダ 
○シケチシダ 
○ノキシノブ・ヒメノキシノブ・マメヅタ