Top / 観察会レポート / 平成24年8月9日(木)~11日(土) 表丹沢-稜線-西丹沢周辺NO.2


平成24年8月9日(木)~11日(土) 表丹沢-稜線-西丹沢周辺  観察会レポート

 今回の観察会レポートは8月9日(木)~11日(土)までを1日ごとに3回に分けて報告します。
 1回目(8月9日)は表丹沢山麓周辺(大倉登山口周辺)~丹沢山について
 2回目(8月10日)は丹沢山~桧洞丸(丹沢主稜線)について
 3回目(8月11日)は桧洞丸~犬越路~西丹沢について
報告する予定です。

 シダを観察する以外にさまざまな樹木や草花を観察し、雄大な景色を眺めながらゆっくり楽しく歩くことができました。シダ以外のキノコ・コケ類・種子植物にも詳しい方がご一緒してくださり、いろいろ教えていただくことができました。
 なお掲載している草花の名前については間違っているものもあると思いますので、ご指摘いただけるとありがたいです。

1回目(8月9日) 2回目(8月10日) 3回目(8月11日)

観察会レポートNO.2
第2日目
朝6時半丹沢山みやま山荘出発。最初は深い霧に覆われていましたが、だんだんと霧が晴れてきました。遠くに蛭ヶ岳、さらに遠くに桧洞丸まで見渡せるようになりました。今日も楽しい1日になりそうな天気です。
背景に見える山は丹沢山。 霧が晴れて丹沢山がよく見えました。
朝のうちは深い谷底から雲が湧き上がってきて、視界がふさがれることもありましたが、日中は程よく雲があり、晴れたり雲に覆われたりで心地よい山行となりました。
蛭ヶ岳へ向かう稜線で。 谷の下から湧いてくる雲の間に見える桧洞丸。



日当たりの良い稜線で
日当たりの良い稜線の登山道沿いはササ原や草地。イヌシダ・シシガシラ・ヘビノネコザ・フモトシケシダ・ホソバシケシダが見られました。ササに混じってヨメナの仲間のノコンギクやイナカギク(ヤマシロギク)・キオン・また、ヤハズハハコ・ウスユキソウなどキク科の花も数多く見られました。
稜線沿いでは小株が多く胞子葉を付けている個体は少ない。 普通に見られる。
シシガシラ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ヘビノネコザ

タテヤマギク
タテヤマギク          

タテヤマギクの花。 葉の基部は心形。
タテヤマギクの花・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・タテヤマギクの葉

ノコンギク ノコンギクの花。

ノコンギク・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ノコンギクの花

イナカギク イナカギク
シロヨメナ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・シロヨメナの花

イナカギクの葉 イナカギクの茎
 
シロヨメナの葉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・シロヨメナの茎

キオン キオンの葉
キオン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・キオンの葉

キオンの花
キオンの花

よく陽の当たる砂礫地・ガレ場で
よく陽の当たる砂礫地・ガレ場ではシモツケソウ・ビランジ・キンレイカ・ミヤマタンポポ・ハバヤマボクチ・ヒメクラマゴケ。またフジアザミも大きな花芽をつけていました。稜線の南~西面に緩やかに傾斜した風衝地の広い砂礫地ではシモツケソウを中心に一面お花畑のようにたくさんの花が咲いていました。ヒメクラマゴケも砂礫地の崖にしがみつくようにたくましく生育していました。
ガレた斜面に群生するシモツケソウ シモツケソウの花  
シモツケソウ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・シモツケソウの花

岩場に咲くビランジ ビランジの花
 ビランジ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ビランジの花

岩場に咲くキンレイカ キンレイカの花    
キンレイカ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・キンレイカの花

日当たりの良い稜線の登山道沿いに咲くミヤマタンポポ。 総ホウ外片は反り返らず突起はなくなめらか、内片は長い。
ミヤマタンポポ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ミヤマタンポポの花

花芽を伸ばしているハバヤマボクチ
ハバヤマボクチ

フジアザミ フジアザミの花芽
フジアザミ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・フジアザミの花芽

日当たりのよいガレ場に生育。 エゾノヒメクラマゴケ、葉はやや厚く背葉は斜上してつく。
エゾノヒメクラマゴケ生態・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・エゾノヒメクラマゴケ 

日当たりのよいところでは紅葉する。背葉の鋸歯は目立つ。 エゾノヒメクラマゴケ、葉の先端付近が胞子のう穂となる。
エゾノヒメクラマゴケ腹葉・背葉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・エゾノヒメクラマゴケ胞子のう群



険しい岩場で 
ところどころにある険しい岩場では陽のよく当たる場所ではハコネコメツツジやコイワザクラも見られました。コイワザクラは花期は過ぎていてもう実をつけていました。北側斜面の岩場にはミヤマワラビ・ナンタイシダ・イワデンダ・イワイタチシダ、がときどき見られました。
クサリ場などの険しい岩場に張り付くようにして生育。  
ハコネコメツツジ          

花は白~淡いピンク色,hakokome 花の大きさは米粒1つほど。
ハコネコメツツジの花・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ハコネコメツツジの花拡大

次回は花の時期に観察してみたい。 葉の表面には微毛が密生する。
コイワザクラ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・コイワザクラの葉

稜線沿いの北面の岩場では数株ずつであるが普通に見られる。 胞膜はない。
ミヤマワラビ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ミヤマワラビの胞子のう群

岩壁北面には普通に見られる。  
ナンタイシダ

岩壁北面には普通に見られる。 裂片の先は鋭く尖る。
ナンタイシダ葉身・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ナンタイシダの胞子のう群

岩壁北面や林内急斜面の階段沿いには普通に見られる。 葉柄鱗片は葉柄に対して直角に出て先端は上を向く。
イワイタチシダ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・イワイタチシダの葉柄の鱗片

イワイタチシダの新芽は白毛で覆われる。 岩場に着生するイワデンダ 
イワイタチシダ新芽・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・イワデンダ


樹林帯で
④樹林帯の低部ではイヌブナが見られたが上部ではブナが中心になる。他にはコハウチワカエデなどカエデの仲間、ハコネグミや葉の辺縁が波打つマメグミなど、ナナカマド、シナノキ、トウゴクミツバツツジ、シロヤシオ、タンナサワフタギ、トウゴクヒメシャラ(ヒコサンヒメシャラの変種:ヒコサンヒメシャラにくらべて葉の裏側主脈上に微毛がある)が見られました。サワフタギやヒメシャラも見られたと思うのですがあまり気にかけていなかったので生育しているかどうか正確なことはわかりません。次回登った時には確認したいと思います。ツル性の植物としてはツルアジサイ・イワガラミが見られました。
大木となり稜線では優先種でよく目に付く。 堅果には3稜があり、やわらかい刺のある殻斗の中に2つ入っている。
ブナ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ブナの実

3~4m程度の木になり、よく葉を茂らせていた。
ハコネグミ
 
子房や花の外面にも星状毛を付ける。 葉の裏側は銀色の鱗片の中に橙色の星状毛が散在する。
 ハコネグミの花・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ハコネグミの葉の裏側

樹皮の色はヒメシャラよりも薄い灰肌色。 樹皮の剥がれた痕が線状に残る。
トウゴクヒメシャラ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・トウゴクヒメシャラの樹皮の模様 

トウゴクヒメシャラ、葉の裏側主脈上に微毛がある。
トウゴクヒメシャラ        

装飾花のガク片は1枚。  
イワガラミ


樹林帯の林床で
樹林帯の林床ではマルバダケブキ・ソバナ、ミヤマタニソバ、ヤマクワガタ、ツルシロカネソウなどが見られました。
葉がフキに似ているが鋸歯縁。 花はまとまって付け、薄暗い中でもよく目立つ。
マルバダケブキ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・マルバダケブキの花

青い花、あまり多く見られなかった。 葉は特徴的な三角形。
ソバナ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ミヤマタニソバ 

樹林下で丈の低い草本が生育する林床に生育。 2個の袋果が1対につく。 
ツルシロカネソウ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ツルシロカネソウの花と実


樹幹に着生
稜線沿いのブナなどの大木の樹幹にはミヤマノキシノブ・ナガオノキシノブが着生していました。マツノハマンネングサやイワギボウシ・ダイモンジソウも着生していました。
有柄、葉には艶がなく、幅は広い。 ミヤマノキシノブの胞子のう群。,miyamanoki
ミヤマノキシノブ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ミヤマノキシノブの胞子のう群

葉は細長く光沢があり、先端は尖る。
ナガオノキシノブ          

葉身裏側下部には中央が栗色の鱗片がつく。
ナガオノキシノブの鱗片

胞子のう群は小形。,nagaonoki
ナガオノキシノブの胞子のう群 

大木の樹幹にコケとともに着生する。 花は鮮やかな黄色。,matu
マツノハマンネングサ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・マツノハマンネングサの花

樹幹や岩壁に着生、葉柄下部にえんじ色班、コバノギボウシよりも薄い藤色。 花はもう少しおそい時期に咲く。 
イワギボウシ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ダイモンジソウ



6 桧洞丸青ヶ岳山荘にて
午後遅く、桧洞丸の登りに差し掛かる頃からは雲に覆われることが多くなり、頂上付近に近づくにつれ雲が厚くなり、小雨も混じるような天気になりました。桧洞丸には午後4時くらいに到着しました。山頂部はガスがたちこめ、時折小雨が降ってくるといった鬱陶しい雰囲気でした。でも小屋に入ると荷物を降ろし、小屋でいただいた貴重な水でからだを拭いて着替えをするとまた元気が出てきました。夕ご飯は特製カレーライスとポテトサラダどちらもおいしかったです。鬱陶しい天気にもかかわらずふかふかの暖かいお布団には小屋番のおかみさん(以前訪れたときはおかみさんのだんなさんが小屋番でした)の配慮が感じられました。明日の天気が心配です。

1回目(8月9日) 2回目(8月10日) 3回目(8月11日)