Top / 観察会レポート / 平成28年6月12日(日)箱根千条ノ滝-鷹巣山周辺


千条ノ滝

箱根では現在も大涌谷を中心に半径700mの範囲で立ち入り禁止が続いていますがだんだん火山活動も終息に向かっているようです。今回は小涌谷に沿って入り千条ノ滝から浅間山、鷹巣山周辺を歩きました。

メシダ属の仲間

 ヤマイヌワラビやヒロハイヌワラビ、ヘビノネコザが見られました。数は少ないですがカラクサイヌワラビも見られました。
 ヤマイヌワラビは多様です。胞子のう群をつけた成株でも葉の大きさは25~90㎝と変化がある。小羽片の形は大きな個体では楕円状三角形で鋭頭中~深裂しますが、小さな株では広三角形で先端は鈍頭辺縁は鋸歯縁のような個体まで見られます。胞子のう群は鈎型以外にも短い線形のみをつける個体も見られる。
 カラクサイヌワラビは葉の質感や色などはヒロハイヌワラビに似ていますが、小羽片の形はどちらかというとヤマイヌワラビに似ていています。今回もヤマイヌワラビが大量に生育している中にカラクサイヌワラビがあり区別できず危うく通り過ぎるところでしたが、目ざとい方が気が付かれていねいに観察することができました。

ヒロハイヌワラビ
ヒロハイヌワラビ 鷹巣山西面 ヒロハイヌワラビ 千条ノ滝
ヒロハイヌワラビ(上左、上右)

ヒロハイヌワラビ、羽軸裏側は有毛。 鷹巣山西面
ヒロハイヌワラビ、羽軸裏側





カラクサイヌワラビ
カラクサイヌワラビ 鷹巣山西面
カラクサイヌワラビ

カラクサイヌワラビ、葉柄基部 鷹巣山西面 カラクサイヌワラビ、葉柄基部の鱗片は辺縁が淡く中央が栗色。鷹巣山西面
カラクサイヌワラビ、葉柄基部(上左)
カラクサイヌワラビ、葉柄基部の鱗片(上右)

カラクサイヌワラビ、小羽片は中~深裂し基部裂片は大きく膨らむ。先端は鈍頭。鷹巣山西面 小羽片は中~深裂し基部裂片は大きく膨らむ。先端は鈍頭。鷹巣山西面
カラクサイヌワラビ、羽片(上左)
カラクサイヌワラビ、胞子のう群(上右)

カラクサイヌワラビ、胞子のう群は短い線形。羽軸裏側は無毛。鷹巣山西面
カラクサイヌワラビ、羽軸




シケシダの仲間

沢沿いや林床でよく見られたシケシダやホソバシケシダは胞子をつけていましたが、スギ林林床で見られたフモトシダと思われるシダは地表に柄の短い栄養葉を広げ柄の長い胞子葉を伸ばし始めたばかりでした。

シケシダ
シケシダ。鷹巣山東面
シケシダ(上左、上右)

シケシダ。鷹巣山東面 シケシダ。鷹巣山東面
シケシダ、包膜(上左、上右)





ホソバシケシダ
葉身がやや幅広のホソバシケシダ。千条ノ滝 ホソバシケシダ、包膜の辺縁は巻かない。千条ノ滝
ホソバシケシダ(上左)
ホソバシケシダ、胞子のう群(上右)





不明なシケシダの仲間
標高700~800m付近のウエットなスギ林林床に群生。このあたりの標高ですとまだ栄養葉をつけただけで、胞子葉はやっと伸び始めたばかりでした。シケシダの場合胞子のう群や包膜の形を確認しないと名前を付けようがありません。今回のシダも改めて胞子のう群や包膜が確認できる頃に観察してみたいと思います。
不明なシケシダの仲間。千条ノ滝 不明なシケシダの仲間、新芽。千条ノ滝
不明なシケシダの仲間(上左)
不明なシケシダの仲間、新芽(上右)




イノデの仲間

アイアスカイノデ、イノデ、ツルデンダ、ジュウモンジシダ、サイゴクイノデ、ツヤナシイノデ、イノデモドキなどを観察することができました。今回は800m付近でもツヤナシイノデが見られました。

ツヤナシイノデ
ツヤナシイノデ。浅間山 ツヤナシイノデ、胞子のう群は葉身の上から・外側からつく。包膜は中間につく。浅間山
ツヤナシイノデ(上左)
ツヤナシイノデ、胞子のう群(上右)

ツヤナシイノデ、中軸の鱗片は幅が広い。浅間山 ツヤナシイノデ、中軸の鱗片は幅が広い。浅間山 
ツヤナシイノデ、中軸の鱗片(上左、上右)




カナワラビ属の仲間

リョウメンシダは渓谷沿いで見られましたが、少し目につく程度でした。ナライシダの仲間については数は多くありませんが、以前、鷹巣山の南面、飛龍の滝周辺の同様な標高・植生のところでナンゴクナライシダを観察したことがあります。今回は鷹巣山と浅間山の鞍部付近のスギ・ヒノキ林でホソバナライシダが見られました。同様なスギ・ヒノキ林尾根筋でオニカナワラビも見られました。

ホソバナライシダ
以前、鷹巣山の南面、飛龍の滝周辺の同様な標高のところでナンゴクナライシダを観察したことがあります。今回は鷹巣山と浅間山の鞍部ですが同様なスギ・ヒノキ林でホソバナライシダが見られました。

ホソバナライシダ。鷹巣山浅間山鞍部 ホソバナライシダ、葉柄には淡褐色膜質の鱗片が密生。鷹巣山浅間山鞍部
ホソバナライシダ(上左)
ホソバナライシダ、葉柄の鱗片(上右)

ホソバナライシダ、羽軸・小羽軸上はほとんど無毛。鷹巣山浅間山鞍部 ホソバナライシダ、胞子のう群。鷹巣山浅間山鞍部
ホソバナライシダ、羽軸・小羽軸(上左)
ホソバナライシダ、胞子のう群(上右)
 




オシダ属の仲間

いろいろなベニシダ・イタチシダの仲間が見られました。
ベニシダやキノクニベニシダ、その両者の紛らわしい個体、オオベニシダなど。オオイタチシダやヤマイタチシダ、リョウトウイタチシダ、ミヤマイタチシダなどです。

小羽片が長く、羽片が重なり合うベニシダ
鷹巣山東面、中央火口丘の一部の高台の上に広がる緩やかな谷の中。スギ・ヒノキ林林床で外観が八丈島や神武寺で見られるハチジョウベニシダによく似た個体が観察されました。ただし、まだ胞子をつけている葉をつけていなかったので、胞子のう群をつけた葉の形はまた違ってくることも考えられます。普通のベニシダの可能性もありますが、今後成長を待って胞子の数を調べてみたいと思います。染色体数を調べる方法は大変そうなので胞子をつけるのを待ちたいと思います。参考に八丈島産 ?のハチジョウベニシダの画像も紹介します。

羽片が重なるベニシダ 鷹巣山東面
羽片が重なるベニシダ

葉身下部 鷹巣山東面  小羽片はやや波打つ。鷹巣山東面 
葉身下部(上左)
羽片が波打つ(上右)

葉の質は薄いベニシダ 鷹巣山東面 羽片の裏側 鷹巣山東面
葉の質が薄い(上左)
羽片裏側(上右)

鱗片は褐色。鷹巣山東面 鱗片は褐色。鷹巣山東面
羽片が重なるベニシダ、鱗片(上左、上右)





キノクニベニシダ
千条ノ滝ー浅間山間、やや乾燥気味の尾根道でときどき見られた。
キノクニベニシダ。浅間山西面
キノクニベニシダ

キノクニベニシダ、胞子のう群。浅間山西面 キノクニベニシダ、包膜。浅間山西面
キノクニベニシダ、胞子のう群(上左)
キノクニベニシダ、包膜(上右)





イワヘゴ
千条ノ滝周辺では苔むした転石や岩壁にイワヘゴやミツデウラボシ、アイアスカイノデ、オオイタチシダ(ツヤナシオオイタチシダtype)などが生育していました。
滝の壁に生えるイワヘゴ。千条ノ滝 滝の壁に生えるイワヘゴ。千条ノ滝
イワヘゴ(上左)
イワヘゴ、葉身下部(上右)





ヤマイタチシダ
林床に生育するヤマイタチシダ、新芽は淡い緑色 千条ノ滝 
ヤマイタチシダ、新芽





オオイタチシダ(ツヤナシオオイタチシダtype)
滝の転石の上に生えるオオイタチシダ(ツヤナシオオイタチシダtype)。千条ノ滝 オオイタチシダ(ツヤナシオオイタチシダtype)の新芽は淡い紅色を帯びる。千条ノ滝
ツヤナシオオイタチシダtype(上左)
ツヤナシオオイタチシダtype、新芽(上右)






リョウトウイタチシダ
浅間山北面中腹でリョウトウイタチシダを観察しました。夏緑広葉樹およびスギが生育する急斜面mところどころ岩が露出し、地表や岩上にも生育。

リョウトウイタチシダ。浅間山西面 リョウトウイタチシダ。浅間山西面
リョウトウイタチシダ(上左、上右)

リョウトウイタチシダ、葉柄下部の鱗片。浅間山西面 リョウトウイタチシダ、新芽は緑色。浅間山西面
リョウトウイタチシダ、葉柄下部の鱗片(上左)
リョウトウイタチシダ、新芽(上右)




ピンクのニンドウ
ピンクのニンドウ。鷹巣山東部 ピンクのニンドウ。鷹巣山東部


サルナシ
サルナシ。鷹巣山東部 サルナシ。鷹巣山東部


コアジサイ
コアジサイ。千条ノ滝 

コアジサイ。千条ノ滝 コアジサイ。千条ノ滝