切り立った崖に群生するノコギリシダ。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝

越生 黒山三滝周辺を歩きました。このあたりのシダに詳しい方に案内していただきました。赤いチャートが目につき、滝の周辺の険しい地形を作り出していました。滝までの平坦な道はシダ観察にもってこいの散歩道でした。見るところが多くよい季節にぜひもう一度訪れたいと思います。

クラマゴケの仲間

クラマゴケ、タチクラマゴケ、コンテリクラマゴケ、カタヒバ、イワヒバが見られた。越生駅の近くの寺でイヌカタヒバを観察。



タチクラマゴケ
山際の道路わきの民家の苔むした石垣に生育。

民家の苔むした石垣に生育タチクラマゴケ。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝





カタヒバイヌカタヒバ
カタヒバは滝の周辺で観察。イヌカタヒバは越生駅近くの寺の境内で観察。
カタヒバ、背葉。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 イヌカタヒバ背葉。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
(1)カタヒバ、背葉
(2)イヌカタヒバ、背葉

カタヒバ、背葉。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 イヌカタヒバ背葉。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
(1)カタヒバ、背葉
(2)イヌカタヒバ、背葉




トウゲシバの仲間

普通のトウゲシバとオニトウゲシバを観察。

オニトウゲシバ
暖地性のトウゲシバの仲間。確認できたのは1か所ですが、林縁のチャートの崖に群生していました。
立ち上がった茎の高さは10~20㎝、2~3叉する。葉は紡錘形で中央で最も幅が広く幅は5㎜(トウゲシバの葉は倒披針形で、幅はどちらかというと中央より先のほうで最大となる)。常緑広葉樹に覆われた斜面岩場、多少腐植が堆積したような崖に生育。


岩場斜面に群生するオニトウゲシバ。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 オニトウゲシバ、立ち上がった茎は3回程度分岐する。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
(1)チャートの崖に群生するオニトウゲシバ
(2)オニトウゲシバ

オニトウゲシバ、葉は紡錘形で中央で最も幅が広くなる。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 オニトウゲシバ、胞子嚢。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
(1)オニトウゲシバ、葉
(2)オニトウゲシバ、胞子嚢




イワガネゼンマイの仲間

イワガネゼンマイ、ウラゲイワガネ、イワガネソウ、雑種のキソイワガネソウ(ウラゲイワガネ×イワガネソウ)が見られた。

ウラゲイワガネ キソイヌイワガネソウ(ウラゲイワガネ×イワガネソウ)

ウラゲイワガネ。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 ウラゲイワガネ。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
ウラゲイワガネキソイヌイワガネソウ(ウラゲイワガネ×イワガネソウ)

切り立った崖に生育。葉の大きさは100㎝程度。羽片が披針形で細身の外観から、一目で普通のイワガネゼンマイと異なることが分かる。葉脈は辺縁の鋸歯の中まで達し、網目状にはならず2叉あるいは3叉する。
ウラゲイワガネに訂正いたします。
シャープな羽片の外観から、ウラゲイワガネとイワガネソウの雑種のキソイヌイワガネソウとして掲載いたしましたが、胞子を観察すると、胞子の大小・いびつな胞子は多少見られるものの、充実した胞子嚢では、複数の胞子嚢でほぼ正常な胞子が観察されました。キソイヌイワガネソウとして掲載したものをウラゲイワガネに訂正いたします。2018年10月22日

ウラゲイワガネ、羽片。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 ウラゲイワガネ、羽片の葉脈。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
(1)ウラゲイワガネキソイヌイワガネソウ、羽片
(2)ウラゲイワガネキソイヌイワガネソウ、羽片の葉脈

ウラゲイワガネ、羽片裏側。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 ウラゲイワガネ、胞子嚢群。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
(1)ウラゲイワガネキソイヌイワガネソウ、羽片裏側
(2)ウラゲイワガネキソイヌイワガネソウ、胞子嚢群

ウラゲイワガネ、羽片裏側の毛。胞子嚢群には未熟なものがものが多く混ざる。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 ウラゲイワガネ、羽片裏側の毛。胞子嚢群には未熟なものがものが多く混ざる。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
(1)(2)ウラゲイワガネキソイヌイワガネソウ、羽片裏側の毛



1つの葉(小羽片)の中でいろいろな胞子嚢が見られる。顕微鏡下では以下のような胞子嚢が混ざって存在する。①光を通さず充実した胞子を多く含む胞子嚢。②やや光を通し胞子の充実度がやや劣ると思われる胞子嚢。③光をよくと通し不充実な胞子でできた胞子嚢。④ほとんど透明で白く透けて見える胞子嚢。
それぞれの胞子嚢の胞子は、①→②→③になるに従い中身が不充実な胞子が増える。(④は胞子まで観察していない。)

ウラゲイワガネ、いろいろな胞子嚢。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 ウラゲイワガネ、いろいろな胞子嚢。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
(1)(2)ウラゲイワガネキソイヌイワガネソウ、いろいろの胞子嚢


胞子のようす(充実した胞子嚢を観察した)
胞子標本1
ウラゲイワガネ、胞子数は60個以上。胞子は大きさ・形が整っている。2018年10月22日 埼玉県越生 黒山三滝 
ウラゲイワガネ、1つの胞子嚢を壊したようす

ウラゲイワガネ、胞子。2018年10月22日 埼玉県越生 黒山三滝 ウラゲイワガネ、胞子。2018年10月22日 埼玉県越生 黒山三滝 
(1)(2)ウラゲイワガネ、胞子


胞子標本2
ウラゲイワガネ、胞子数は60個以上。胞子は多少いびつなものは混ざるがほぼ整っている。2018年10月22日 埼玉県越生 黒山三滝 
ウラゲイワガネ、1つの胞子嚢を壊したようす

ウラゲイワガネ、胞子。2018年10月22日 埼玉県越生 黒山三滝 
ウラゲイワガネ、胞子


胞子標本3
ウラゲイワガネ、胞子数は60個以上。胞子は多少大小や不稔なものが見られるがほぼ整っている。2018年10月22日 埼玉県越生 黒山三滝 
ウラゲイワガネ、1つの胞子嚢を壊したようす

ウラゲイワガネ、胞子。2018年10月22日 埼玉県越生 黒山三滝 ウラゲイワガネ、胞子。2018年10月22日 埼玉県越生 黒山三滝 
(1)(2)ウラゲイワガネ、胞子
※胞子を上面および側面から見た形は異なるので注意してください。





オオバノイノモトソウ
渓谷沿いで観察。羽片が中肋に沿ってやや淡い緑色を示していた。また、羽片裏側の一部に胞子嚢群をつけていた。胞子を観察したが普通のオオバノイノモトソウであった。

オオバノイノモトソウ。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 オオバノイノモトソウ、羽片裏側の一部に胞子嚢群をつけていた。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
(1)オオバノイノモトソウ
(2)オオバノイノモトソウ、羽片裏側

オオバノイノモトソウ、葉脈は葉縁まで達する。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 オオバノイノモトソウ、葉脈は葉縁まで達する。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
(1)(2)オオバノイノモトソウ、葉脈

胞子のようす
標本1
オオバノイノモトソウ、胞子数は31個。長い胞子・小さい胞子も見られるが、胞子はほぼ整っている。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
1つの胞子嚢を壊したようす

オオバノイノモトソウ、一部長い胞子や小さい胞子も見られる。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 オオバノイノモトソウ、一部長い胞子や小さい胞子も見られる。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
(1)(2)胞子のようす



標本2
オオバノイノモトソウ、胞子数は32個。胞子には多少大小は見られるが、胞子はほぼ整っている。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
1つの胞子嚢を壊したようす

オオバノイノモトソウ、胞子。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 オオバノイノモトソウ、胞子。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
(1)(2)胞子のようす



標本3
オオバノイノモトソウ、胞子数は32個。胞子には多少大小は見られるが、胞子はほぼ整っている。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
1つの胞子嚢を壊したようす

オオバノイノモトソウ、胞子。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 オオバノイノモトソウ、胞子。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
(1)(2)胞子のようす





シシラン
樹林下のチャートの崖に生育していました。

樹林下のチャートの崖に群生するシシラン。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
樹林下のチャートの崖に群生するシシラン




ナヨシダ科の仲間

ウスヒメワラビ
チャートの崖の下、チャートの岩屑上に群生。

チャートの崖の下、岩屑上に群生するウスヒメワラビ。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 
チャートの崖の下、岩屑上に群生するウスヒメワラビ

ウスヒメワラビ、葉柄には膜質・半透明の鱗片を密につける。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 ウスヒメワラビ、胞子嚢群は小羽片の中肋寄りにつき、包膜はない。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
(1)ウスヒメワラビ、葉柄の鱗片
(2)ウスヒメワラビ、胞子嚢群




チャセンシダの仲間

トラノオシダ、コバノヒノキシダ、トキワシダ、イワトラノオなどが見られました。

トキワシダ
チャートの崖に生育。場所によっては40㎝を超える大きな葉をつけていました。

チャートの岩場に群生するトキワシダ。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 トキワシダ、葉の大きさは40㎝に達する。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 
(1)チャートの岩場に群生するトキワシダ
(2)トキワシダ、葉身

チャートの岩場に群生するトキワシダ。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 トキワシダ、葉の大きさは40㎝に達する。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 
(1)トキワシダ、羽片
(2)トキワシダ、胞子嚢群




シケシダの仲間

シケシダ(タマシケシダかもしれない)、ホソバシケシダ、フモトシケシダ、ハクモウイノデ、オオメシダモドキ、オオヒメワラビ、オオヒメワラビモドキに似たシダ(未確認)などが見られた。

オオメシダモドキ (オオメシダ×オオヒメワラビ)
渓谷に沿って長く、広くよく茂ったスギ植林地が広がる。渓谷の両側に緩やかな傾斜で広がる林床に生育。3株程度生育。
 オオメシダとオオヒメワラビの雑種と推定される。この季節、大きな葉は倒れていたが案内してくださった方によると夏は1m以上の大きな葉を立ち上げているそうです。付近にはオオメシダは確認できなかったがオオヒメワラビは生育。外観はオオメシダに似て葉の大きさは100~150㎝、長楕円状披針形。羽片は葉身の中間~やや下で最大となり、最下羽片はやや短くなる。胞子嚢群は中肋寄りにつき、鈎型でオオメシダの胞子嚢群オオヒメワラビの胞子嚢群の中間のような形。胞子は弾けず、未熟な胞子嚢のまま包膜の中に残存する。

オオメシダモドキ、写っている1m定規と比較して、葉の大きさは150㎝程度。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
オオメシダモドキ

オオメシダモドキ、大きな羽片葉30㎝に達する。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 オオメシダモドキ、最下羽片葉やや短縮する。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
オオメシダモドキ、羽片
オオメシダモドキ、最下羽片

オオメシダモドキ、向軸側で中軸に沿って凹む。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
オオメシダモドキ、中軸

オオメシダモドキ、胞子嚢群は鈎型。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 オオメシダモドキ、胞子嚢群は鈎型。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
オオメシダモドキ、胞子嚢群

オオメシダモドキ、胞子嚢は未熟で弾けずに包膜の中に残存する。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 オオメシダモドキ、胞子嚢は未熟で弾けずに包膜の中に残存する。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
オオメシダモドキ、残存する胞子嚢

オオヒメワラビ
林床に生育する個体~岩壁に生育する個体まで、また未成株~成株まで、フィールドでは多様なオオヒメワラビを観察しました。大形のものでは葉の大きさは葉柄を含め100~150㎝程度になり3回羽状深~中裂する。

オオヒメワラビ。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 オオヒメワラビ、葉の大きさは140㎝程度に達する。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
(1)(2)オオヒメワラビ

オオヒメワラビ、羽片。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
オオヒメワラビ、羽片

大形サイズオオヒメワラビ、胞子嚢群は裂片の中間あるいは羽片の中肋寄りにつく。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 オオヒメワラビ、胞子嚢群。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
(1)(2)オオヒメワラビ、胞子嚢群





オオヒメワラビの幼形
オオヒメワラビの未成株。葉の大きさは50㎝に達するがまだ胞子をつけていない。小羽片の辺縁には鋸歯はなく全縁。

オオヒメワラビの幼形。石組みから垂れ下がるようにして群生。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝

オオヒメワラビの幼形。葉身の上部。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 オオヒメワラビの幼形。羽片。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
(1)オオヒメワラビの幼形か。葉身の上部
(2)オオヒメワラビの幼形か。羽片





オオヒメワラビモドキか
ウエットな岩壁に群生。葉の大きさは50㎝程度。2回羽状深裂、小羽片は全縁。胞子をつけているように思われるが確認できていない。手が届かないため細部を観察できず、改めてよい季節に観察したいと思う。岩場など痩せ地に生育するオオヒメワラビは、葉身下部でも2回羽状になることがあるので、その可能性もある。

オオヒメワラビモドキか。ウエットな岩壁に群生。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 オオヒメワラビモドキか。葉身。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
(1)オオヒメワラビモドキか。ウエットな岩壁に群生 
(2)オオヒメワラビモドキか。葉身




ノコギリシダ属の仲間

ノコギリシダ・キヨタキシダ・オニヒカゲワラビが見られました。

ノコギリシダ
切り立った岩壁に生育。大きな岩壁面が見えないほど多く群生。

ノコギリシダ。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
ノコギリシダ

ノコギリシダ、葉身。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 ノコギリシダ、胞子嚢群。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
ノコギリシダ、葉身
ノコギリシダ、胞子嚢群





オニヒカゲワラビ  
 適度に木漏れ日もさす安定したスギ植林地。渓谷に沿って広がる緩やかな斜面に点在するように間隔をあけて群生する。
 葉の大きさは80~150㎝。3回羽状深裂。中軸・羽軸・小羽軸には小さな鱗片と短毛がある。裂片には鋸歯がある。胞子嚢群は裂片の中肋に接し葉脈に沿ってつく。

オニヒカゲワラビ、葉の上に1m定規が載っている。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
オニヒカゲワラビ

オニヒカゲワラビ、羽片。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 オニヒカゲワラビ、裂片には鋸歯があり、胞子嚢群は裂片の中肋に接し葉脈に沿ってつく。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
(1)オニヒカゲワラビ、羽片
(2)オニヒカゲワラビ、胞子嚢群




ヤブソテツの仲間

ヤブソテツ(ツヤナシヤマヤブソテツtype・ホソバヤマヤブソテツtype)、テリハヤブソテツ、メヤブソテツ、ナガバメヤブソテツが見られました。

ヤブソテツ(多羽片形あるいはホソバヤマヤブソテツtype)
腐植が堆積した林床に生育。

ヤブソテツ(多羽片形あるいはホソバヤマヤブソテツtype)。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 ヤブソテツ(多羽片形あるいはホソバヤマヤブソテツtype)。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
(1)(2)ヤブソテツ(多羽片形あるいはホソバヤマヤブソテツtype)





メヤブソテツ
チャートの岩場に生育していました。

メヤブソテツ。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
メヤブソテツ





ナガバメヤブソテツ(メヤブソテツ×ナガバヤブソテツ)
メヤブソテツとナガバヤブソテツの雑種と推定される。スギ植林地内林床に生育。葉の縁には重鋸歯がある。

ナガバメヤブソテツ。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 ナガバメヤブソテツ、葉身。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
ナガバメヤブソテツ
ナガバメヤブソテツ、葉身

ナガバメヤブソテツ、羽片の縁には重鋸歯ができることがある。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 ナガバメヤブソテツ、羽片の縁には重鋸歯ができることがある。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
(1)(2)ナガバメヤブソテツ、葉の縁の重鋸歯

ナガバメヤブソテツ、羽片の縁には重鋸歯ができることがある。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 ナガバメヤブソテツ、羽片の縁には重鋸歯ができることがある。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
(1)(2)ナガバメヤブソテツ、葉の縁の重鋸歯




オシダ属の仲間

ミヤマイタチシダ、ミサキカグマ、オオベニシダ、トウゴクシダ、キノクニベニシダ、ベニシダ、ハチジョウベニシダ似のシダ、マルバベニシダ、オオイタチシダ(アツバオオイタチシダtype、ツヤナシオオイタチシダtype)ヤマイタチシダ、ベニオオイタチシダ、イワオオイタチシダなどが見られました。

キノクニベニシダ
羽片は対生、開出気味につけ、先端は急に細くなるが先端は尾状にならない。胞子嚢群は先端近くまで付けることが多い。

キノクニベニシダ。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
キノクニベニシダ

キノクニベニシダ、羽片先端は急に細くなるが先端は尾状にならない。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 キノクニベニシダ、胞子嚢群は先端近くまで付けることが多い。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
(1)キノクニベニシダ、羽片
(2)キノクニベニシダ、胞子嚢群





ハチジョウベニシダ似のベニシダ
普通のベニシダにくらべ小羽片は長く伸びるが、葉の厚さは普通のベニシダとあまり変わりがない。胞子を観察できなかったので改めてよい季節に観察してみたい。

ハチジョウベニシダ似のベニシダ。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 ハチジョウベニシダ似のベニシダ、小羽片。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 
(1)ハチジョウベニシダ似のベニシダ
(2)ハチジョウベニシダ似のベニシダ、小羽片

ハチジョウベニシダ似のベニシダ、胞子嚢群。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
ハチジョウベニシダ似のベニシダ、胞子嚢群





イワヘゴ
滝から流れる林内の平坦な川沿いの斜面に生育あまりまとまらず点在して生育。中軸の黒に近い黒褐色の鱗片には鋸歯が目立つ。胞子嚢群は葉の裏側全体につく。

林内の川沿いに生育するイワヘゴ。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 イワヘゴ、胞子嚢群は葉の裏側全体につく。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
(1)林内の川沿いに生育するイワヘゴ
(2)イワヘゴ、胞子嚢群

イワヘゴ中軸下部の鱗片、辺縁には鋭い毛状の鋸歯がある。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 イワヘゴ中軸下部の鱗片、辺縁には鋭い毛状の鋸歯がある。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
(1)(2)イワヘゴ、中軸の鱗片





イワオオイタチシダ
切り立った岩壁に生育。外観のシルエットは最下羽片がやや発達したヤマイタチシダといった感じで葉はやや小ぶりなものが多く、葉の大きさは35~50㎝。葉は細い三角形。小羽片の鋸歯はあまり発達しない。今の季節包膜のようすは詳しく観察できなかった。

急傾斜の岩壁に生育するイワオオイタチシダ。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 イワオオイタチシダ、葉身は細長く幅の狭い三角形。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
(1)急傾斜の岩壁に生育するイワオオイタチシダ
(2)イワオオイタチシダ、幅の狭い葉身

イワオオイタチシダ、小羽片は鋭く尖り、小羽片の先のほうではほとんど鋸歯が確認できない。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 イワオオイタチシダ、小羽片は鋭く尖り、小羽片の先のほうではほとんど鋸歯が確認できない。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
(1)(2)イワオオイタチシダ、鋸歯が少なく鋭い小羽片

標本2
ほぼ垂直な岩壁に生育するイワオオイタチシダ、葉身は細長く幅の狭い三角形。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
急傾斜の岩壁に生育するイワオオイタチシダ

イワオオイタチシダ、小羽片は鋭く尖り、小羽片の先のほうではほとんど鋸歯が確認できない。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 イワオオイタチシダ、小羽片は鋭く尖り、小羽片の先のほうではほとんど鋸歯が確認できない。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
(1)(2)イワオオイタチシダ、鋸歯が少なく鋭い小羽片

イワオオイタチシダ、包膜は円腎形で全縁。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
イワオオイタチシダ、胞子嚢群





オオイタチシダ(アツバオオイタチシダtype)
岩壁下部、崩落した岩石や土壌が堆積した崖に生育。葉の大きさは45~60㎝。葉身は長さの割に幅が広く卵状披針形。

オオイタチシダ(アツバオオイタチシダtype)2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 オオイタチシダ(アツバオオイタチシダtype)葉身は長さの割に幅が広く卵状披針形。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
(1)崖斜面に生育するオオイタチシダ(アツバオオイタチシダtype)
(2)オオイタチシダ(アツバオオイタチシダtype)卵状披針形の葉身

オオイタチシダ(アツバオオイタチシダtype)小羽片には先端まで鋸歯がある。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 オオイタチシダ(アツバオオイタチシダtype)小羽片には先端まで鋸歯がある。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
(1)(2)オオイタチシダ(アツバオオイタチシダtype)先端まで鋸歯がある小羽片





ベニオオイタチシダ
林内の斜面や崖で観察。葉の大きさは個体差があるが50~80㎝。葉はあまり厚くなく、アイロンをかけたように平面的で光沢がある。春先の若い包膜は中心がピンク~紅色を示す。同じ仲間に、海岸周辺に生えるアケボノオオイタチシダがある。

べニオオイタチシダ。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
べニオオイタチシダ

べニオオイタチシダ、最下羽片。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 べニオオイタチシダ、羽片。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
べニオオイタチシダ、最下羽片
べニオオイタチシダ、羽片




イノデの仲間

ジュウモンジシダ、ツルデンダ、イノデ、イノデモドキ、雑種のアマギイノデ(イノデ×イノデモドキ)が見られました。周辺の林ではイノデモドキがよく目につき、岩場では小さな個体が、林床では大きな個体が見られました。また、イノデは秋葉(冬葉)を伸ばし、瑞々しい胞子をつけていました。

アマギイノデ
葉の大きさは50~60㎝、①葉柄の鱗片はイノデモドキに似て辺縁に細かくほつれた鋸歯が目立つ。②小羽片は細長く、長さの割に幅が狭く、表面は胞子嚢をつける位置でやや盛り上がる程度で平滑でイノデに似ている。③胞子嚢群は辺縁寄りにつく(葉身上部ではやや辺縁寄り~中間につく)。
(イノデモドキの小羽片は丸っこい短い長方形で、長さの割に幅が広く、表面は胞子嚢をつける位置で盛り上がる)。
この季節、葉身の上部1/3~1/4が枯れてしまっていることが多い。なお、まだ胞子の状態を確認できていないので、改めてよい季節に訪れて雑種の特徴が表れているか確認したい。

アマギイノデ。先端は枯れていることが多い。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
アマギイノデ

アマギイノデ、小羽片は長く、表面は平滑でイノデに似る。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 アマギイノデ、葉柄は短い。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 
(1)アマギイノデ、葉身
(2)アマギイノデ、葉身下部

アマギイノデ、小羽片は細長く、表面は多少凸凹する。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 アマギイノデ、小羽片は細長く、表面は多少凸凹する。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 
(1)(2)アマギイノデ、羽片と小羽片

アマギイノデ、葉柄鱗片の辺縁はほつれる。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 アマギイノデ、葉柄鱗片の辺縁はほつれる。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 
(1)(2)アマギイノデ、葉柄鱗片

アマギイノデ、葉柄鱗片の辺縁はほつれる。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 アマギイノデ、葉柄鱗片の辺縁はほつれる。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 
(1)(2)アマギイノデ、葉柄鱗片

アマギイノデ、胞子嚢群はやや辺縁寄りにつく。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 
アマギイノデ、胞子嚢群




標本2
アマギイノデ。先端は枯れていることが多い。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
先端は枯れていることが多いアマギイノデ(ピンボケ)

アマギイノデ、胞子嚢群はやや辺縁寄りにつく。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 アマギイノデ、胞子嚢群はやや辺縁寄りにつく。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 
(1)(2)アマギイノデ、胞子嚢群

アマギイノデ、葉柄鱗片の辺縁はほつれる。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 
アマギイノデ、葉柄鱗片

アマギイノデ、葉柄鱗片の辺縁はほつれる。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 アマギイノデ、葉柄鱗片の辺縁はほつれる。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 
(1)(2)アマギイノデ、葉柄鱗片(拡大)




ウラボシ科の仲間

ノキシノブ、ミツデウラボシ、アオネカズラを観察。

アオネカズラ
滝のそばではあるが、ウエットではない高い岩壁の中間に群生。葉を10枚程度観察。遠くて良い写真は撮影できず。

高い崖の中間地点に生育するアオネカズラ。ウエットな環境ではない。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 葉を立ち上げているトキワシダ(写真上) と葉が垂れ下がったアオネカズラ(写真下)。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
(1)(2)高い崖の中間地点に生育するアオネカズラ(ピンボケ)





そのほかのシダ
ハナワラビの仲間:ナツノハナワラビ・オオハナワラビ
ゼンマイ
コケシノブの仲間:ウチワゴケ・ホソバコケシノブ・コウヤコケシノブ
ウラジロ
カニクサ
コバノイシカグマの仲間:イヌシダ、オウレンシダ、コバノイシカグマ、フモトシダ
ワラビ
タチシノブ
ホウライシダの仲間:ハコネシダ、クジャクシダ
ゲジゲジシダ
ヒメシダの仲間:ハリガネワラビ、ハリガネワラビ細軸type、ヤワラシダ、ヒメワラビ、ミドリヒメワラビ
イワデンダの仲間:イワデンダ・フクロシダ
ヌリワラビ
シシガシラ 
ヒメシダの仲間:ハリガネワラビ・柄の細いハリガネワラビ・ヤワラシダ・ヒメワラビ・ミドリヒメワラビ
メシダ属の仲間:シケチシダ・イヌワラビ・ヒロハイヌワラビ・ヤマイヌワラビ・ヘビノネゴザ
カナワラビ属:オオカナワラビ・オニカナワラビ・リョウメンシダ・ナンゴクナライシダ
シノブ

ただいま作成中