含礫泥岩。2018年6月24日 奥秩父 秩父鉄道周辺
奥秩父 秩父鉄道周辺を歩きました。
この地に詳しい人に案内していただきました。このあたりの地質は含礫泥岩・砂岩の地層の中にチャート層が含まれます。奥多摩では川井や海沢と同一の地層と思われます。
含礫泥岩。2018年6月24日 層状チャート。2018年6月24日  
(1)含礫泥岩:沿線の神社で
(2)層状チャート:渓谷で



イワヒバ

切り立った岩場に着生。成株のまわりに生育する幼株。
イワヒバ。2018年6月24日 イワヒバ。2018年6月24日 
(1).(2)イワヒバ幼株




オオバノイノモトソウ(外観はセフリイノモトソウ形)

この地では今までセフリイノモトソウ(イノモトソウとオオバノイノモトソウの雑種と考えられていた)と呼ばれていた個体が多く見られました。胞子を観察するとすべて無融合生殖種であり、雑種ではありませんでした。胞子はすべて大きさ・形が整い、1つの胞子嚢群に胞子数32個近く観することができました。

スギ植林地の山林内、渓谷部は夏緑広葉樹が茂る林縁や林道沿いに生育。オオバノイノモトソウ(セフリイノモトソウの形をしているtype) 。栄養葉・胞子葉の2形を示し、葉の大きさは45~55㎝。上部2対の羽片基部が翼となって中軸まで流れる。胞子数は30程度近く数えることができ、胞子の大きさや形は整っている。雑種ではなく無融合生殖種と考えられる。

標本1
オオバノイノモトソウ(セフリイノモトソウtype) 2018年6月24日

オオバノイノモトソウ(セフリイノモトソウtype) 栄養葉。2018年6月24日 オオバノイノモトソウ(セフリイノモトソウtype) 胞子葉。2018年6月24日
(1)オオバノイノモトソウ(セフリイノモトソウtype) 栄養葉
(2)オオバノイノモトソウ(セフリイノモトソウtype) 胞子葉

胞子1
オオバノイノモトソウ(セフリイノモトソウtype)、胞子数は29個確認できる。大きさ・形はおおむねそろっている。2018年6月24日
1個の胞子嚢を壊したようす

オオバノイノモトソウ(セフリイノモトソウtype)、胞子の大きさ・形はおおむねそろっている。2018年6月24日 オオバノイノモトソウ(セフリイノモトソウtype)、胞子の大きさ・形はおおむねそろっている。2018年6月24日
(1),(2)胞子の大きさ・形

オオバノイノモトソウ(セフリイノモトソウtype)、胞子上面。2018年6月24日 オオバノイノモトソウ(セフリイノモトソウtype)、胞子側面。2018年6月24日
(1),(2)胞子のようす

胞子2
オオバノイノモトソウ(セフリイノモトソウtype)、胞子数は31~32個確認できる。大きさ・形はそろっている。2018年6月24日 オオバノイノモトソウ(セフリイノモトソウtype)、胞子の大きさ・形はそろっている。2018年6月24日
(1)1個の胞子嚢を壊したようす
(2)胞子の大きさ・形

オオバノイノモトソウ(セフリイノモトソウtype)、胞子上面。2018年6月24日 オオバノイノモトソウ(セフリイノモトソウtype)、胞子側面。2018年6月24日
(1),(2)胞子のようす




標本2
セフリイノモトソウ型オオバノイノモトソウ。2018年6月24日

オオバノイノモトソウ(セフリイノモトソウtype)、栄養葉。2018年6月24日 オオバノイノモトソウ(セフリイノモトソウtype)、胞子葉。2018年6月24日 
(1)オオバノイノモトソウ(セフリイノモトソウtype)、栄養葉
(2)オオバノイノモトソウ(セフリイノモトソウtype)、胞子葉

オオバノイノモトソウ(セフリイノモトソウtype)、栄養葉の葉脈。2018年6月24日 オオバノイノモトソウ(セフリイノモトソウtype)、栄養葉の葉脈。2018年6月24日 
(1),(2)オオバノイノモトソウ(セフリイノモトソウtype)、栄養葉の葉脈

胞子
オオバノイノモトソウ(セフリイノモトソウtype)、胞子数は32個確認できる。大きさ・形はそろっている。2018年6月24日 オオバノイノモトソウ(セフリイノモトソウtype)、胞子の大きさ・形はそろっている。2018年6月24日
(1)1個の胞子嚢を壊したようす
(2)胞子の大きさ・形

オオバノイノモトソウ(セフリイノモトソウtype)、胞子上面。2018年6月24日 オオバノイノモトソウ(セフリイノモトソウtype)、胞子側面。2018年6月24日
(1),(2)胞子のようす

オオバノイノモトソウ(セフリイノモトソウtype)、胞子上面。2018年6月24日 オオバノイノモトソウ(セフリイノモトソウtype)、胞子側面。2018年6月24日
(1),(2)胞子のようす




標本3
セフリイノモトソウ型オオバノイノモトソウ。2018年6月24日 オオバノイノモトソウ(セフリイノモトソウtype)、胞子を観察した胞子葉。2018年6月24日
(1)セフリイノモトソウ型オオバノイノモトソウ
(2)胞子を観察した胞子葉

胞子
オオバノイノモトソウ(セフリイノモトソウtype)、胞子数は31個程度確認できる。大きさ・形はそろっている。2018年6月24日 武州日野 オオバノイノモトソウ(セフリイノモトソウtype)、胞子の大きさ・形はそろっている。2018年6月24日 武州日野
(1)1個の胞子嚢を壊したようす
(2)胞子の大きさ・形

オオバノイノモトソウ(セフリイノモトソウtype)、胞子上面。2018年6月24日 武州日野 オオバノイノモトソウ(セフリイノモトソウtype)、胞子側面。2018年6月24日 武州日野
(1),(2)胞子のようす




オオフジシダ

・岩壁ではオオフジシダ・フジシダ・が美しい葉を広げていました。
オオフジシダ。2018年6月24日 オオフジシダ、胞子嚢群。2018年6月24日
(1)オオフジシダ
(2)オオフジシダ、胞子嚢群



フジシダ

フジシダ。2018年6月24日 フジシダ、胞子嚢群。2018年6月24日
(1)フジシダ
(2)フジシダ、胞子嚢群



シシラン

切り立ったチャートの岩壁に群生していました。
シシラン。2018年6月24日 フジシダやシシランが群生する岩壁。2018年6月24日
(1)シシラン
(2)フジシダやシシランが群生する岩壁



イワハリガネワラビ

樹林下、渓谷沿いにあるチャートの切り立った岩壁周辺に生育。葉柄は細くて華奢。葉は黄緑色~淡緑色、葉の質は薄い。包膜上には短毛および腺点が確認される。
イワハリガネワラビ。一緒にミヤマイタチシダが生育。2018年6月24日 イワハリガネワラビ、葉身。中軸も非常に細い。2018年6月24日
(1)イワハリガネワラビ
(2)イワハリガネワラビ、葉身

イワハリガネワラビ、葉柄は細くわら色~淡緑色で黒褐色の鱗片がまばらにつく。2018年6月24日 
イワハリガネワラビ、葉柄

イワハリガネワラビ、羽片裏側。胞子嚢群は中間につく。2018年6月24日 イワハリガネワラビ、包膜上には腺点と毛がつく。2018年6月24日
(1)イワハリガネワラビ、羽片裏側
(2)イワハリガネワラビ、胞子嚢群

イワハリガネワラビ、包膜上には腺点と毛がつく。2018年6月24日 イワハリガネワラビ、包膜上には腺点と毛がつく。2018年6月24日
(1),(2)イワハリガネワラビ、包膜



ハコネシケチシダ

・沢沿いのウエットな林床では多くのハコネシケチシダを観察しました。過去にイッポンワラビも見つかっているようですが、今回観察した多くの株の中にはイッポンワラビは見られませんでした。葉の質が柔らかく黄緑色の個体も多く見られましたが胞子嚢群の形から判断する限りハコネシケチシダでした。(胞子の形状は観察していません)
ハコネシケチシダ。2018年6月24日
ハコネシケチシダ

ハコネシケチシダ、羽片裏側。2018年6月24日 ハコネシケチシダ、胞子嚢群。2018年6月24日
(1)ハコネシケチシダ、羽片裏側
(2)ハコネシケチシダ、胞子嚢群

標本2 羽軸裏や葉裏に毛がないハコネシケチシダ
一般にハコネシケチシダには中軸・羽肉・小羽軸や葉脈上に毛が目立つが、目立たない個体も見られた。
羽軸裏や葉裏に毛がないハコネシケチシダ。2018年6月24日 
羽軸裏や葉裏に毛がないハコネシケチシダ

羽軸裏や葉裏に毛がないハコネシケチシダ。2018年6月24日 羽軸裏や葉裏に毛がないハコネシケチシダ。2018年6月24日 
(1),(2)羽軸裏や葉裏に毛がないハコネシケチシダ




ホソバイヌワラビ

渓谷沿いのウエットな岩場周辺で観察。同行の方の話では周辺ではミヤコイヌワラビも観察されたことがあるそうである。
渓谷のウエットな水辺に生育するホソバイヌワラビ。2018年6月24日



トキワシダ

渓谷近くの林内の切り立った岩壁(それほどウエットではない)にトキワシダが群生していました。
渓谷近くの林内の切り立った岩壁に点在するトキワシダ。2018年6月24日
渓谷近くの切り立った岩壁生育するトキワシダ

イワタバコなどと共に群生するトキワシダ。2018年6月24日 トキワシダ。2018年6月24日
(1),(2)トキワシダ

トキワシダ、羽片。2018年6月24日
トキワシダ、羽片




シノブ

岩場や高木の側枝(落下した枯れ枝にしばしば着生)には普通に見られる。
シノブ。2018年6月24日
シノブ



テリハヤマヤブソテツ

ウエットで薄暗い渓谷沿いの岩場ではよく見られる。
テリハヤマヤブソテツ。2018年6月24日
テリハヤマヤブソテツ



ミドリベニシダ

包膜は紅色を帯びない。
ミドリベニシダ。2018年6月24日 ミドリベニシダ、葉柄基部の鱗片。2018年6月24日
(1)ミドリベニシダ
(2)ミドリベニシダ、葉柄基部の鱗片

ミドリベニシダ、羽片裏側。2018年6月24日 ミドリベニシダ、包膜。2018年6月24日
(1)ミドリベニシダ、羽片裏側
(2)ミドリベニシダ、包膜



タカヤマナライシダ

ホソバナライシダ×ナンゴクナライシダとの雑種と推定される。ホソバナライシダに似ているところ:①葉柄及ぶ中軸に鱗片をつける。②第2羽片下側(後側)第1小羽片がそれなりに発達する。ナンゴクナライシダに似ているところ':羽軸,小羽軸上に毛が密生する。
※胞子は今後成熟しないと考えられるが、改めて胞子の状態を観察したいと思います。
タカヤマナライシダ。2018年6月24日 タカヤマナライシダ、葉柄~中軸にかけて鱗片が目立つ。2018年6月24日
(1)タカヤマナライシダ、羽片裏側
(2)タカヤマナライシダ、葉柄~中軸

タカヤマナライシダ、羽軸・小羽軸には毛が密生する。2018年6月24日 秩父 日野 タカヤマナライシダ、小羽軸には毛が密生する。2018年6月24日 秩父 日野
(1)タカヤマナライシダ、羽軸・小羽軸
(2)タカヤマナライシダ、小羽軸

タカヤマナライシダ、小羽軸には毛が密生する。2018年6月24日 秩父 日野
タカヤマナライシダ、小羽片裏側

タカヤマナライシダ、胞子嚢群。2018年6月24日 秩父 日野 タカヤマナライシダ、胞子嚢群。2018年6月24日 秩父 日野
(1)(2)タカヤマナライシダ、胞子嚢群




ツルデンダ

岩場ではときどき見られました。放射状に葉を広げていました。
切り立った岩壁で放射状に葉を広げるツルデンダ。2018年6月24日
ツルデンダ 



アシガラノキシノブか

河原の大きな転石上にはアシガラノキシノブ(ノキシノブ×ヒメノキシノブ)が群生していました。特徴は①胞子嚢群の葉の先端近くににまとまってつく。②葉の幅や長さはヒメノキシノブより多少幅が広く葉身が長い程度でノキシノブほど大きくならない。③葉身の先端は急に尖る。④根茎は長く這い葉は間隔をあけてつける。
※雑種かどうか確定するには、胞子の状態をもう少し詳しく観察しなければならない。

アシガラノキシノブ。2018年6月24日 アシガラノキシノブ。2018年6月24日
(1)アシガラノキシノブ
(2)アシガラノキシノブ、葉身

岩上に生育するアシガラノキシノブ。2018年6月24日 岩上に生育するアシガラノキシノブ、葉は間隔をあけてつけ根茎は長く這う。2018年6月24日
(1)岩上を長く這うアシガラノキシノブ
(2)アシガラノキシノブ、根茎

アシガラノキシノブ、葉身の先端は急に尖る。2018年6月24日 アシガラノキシノブ、胞子嚢群は葉身の先端にまとまってつく。2018年6月24日
(1)アシガラノキシノブ、葉身先端 
(2)アシガラノキシノブ、胞子嚢群 

アシガラノキシノブ、胞子嚢群 拡大。2018年6月24日 
アシガラノキシノブ、胞子嚢群 

アシガラノキシノブ、胞子嚢は弾けていない。2018年6月24日 アシガラノキシノブ、胞子嚢は弾けているものが見られる。2018年6月24日
(1),(2)アシガラノキシノブ、胞子嚢群 拡大 
 



サジラン

葉の長さが30㎝以上あるサジランが群生していました。よく似た種類でイワヤナギシダが見られることがありますが、胞子をつけていない個体では区別が難しいことがあります。その場合は葉柄基部が黒褐色になっているか・葉身は平坦で波打っていないかなどで区別する。

サジラン。2018年6月24日 サジラン、葉身。2018年6月24日 
(1)サジラン 
(2)サジラン、葉身 

岩上に群生するサジラン。2018年6月24日 岩上に群生するサジラン。2018年6月24日 
(1),(2)岩上に群生するサジラン 

サジラン、葉柄基部は黒褐色を帯びる。2018年6月24日 サジラン、胞子嚢群は中肋に対して広い角度で着く。2018年6月24日
(1)サジラン、葉柄基部 
(2)サジラン、胞子嚢群




その他のシダ

コウヤコケシノブ、ホソバコケシノブ、シケシダの仲間、ウスヒメワラビ、キヨタキシダ、ミヤマイタチシダ、オオイタチシダの仲間、リョウトウイタチシダ、オシダ、ミサキカグマ、ノキシノブ、ヒメノキシノブなどが見られました。

その他

冬虫夏草
冬虫夏草が見られると案内してくださった方から教えて頂く。谷沿いのウエットな森でカメムシの死骸から発生する冬虫夏草が見られました。慣れるとよく見つけることができました。
エダウチカメムシタケ。2018年6月24日
冬虫夏草

林床に生育するエダウチカメムシタケ。2018年6月24日 エダウチカメムシタケ。2018年6月24日
(1),(2)冬虫夏草

林床に生育するエダウチカメムシタケ。2018年6月24日 エダウチカメムシタケ。2018年6月24日
(1),(2)冬虫夏草

ミヤマイラクサ
植物体の頂部に雌花をつけ、下部に雄花をつける。(トウモロコシとは逆である)
渓谷沿いに生育するミヤマイラクサ。2018年6月24日
ミヤマイラクサ

ミヤマイラクサ、雌花。2018年6月24日 ミヤマイラクサ、雌花。2018年6月24日
(1),(2)ミヤマイラクサ、雌花
 

ミヤマイラクサ、雄花。2018年6月24日 ミヤマイラクサ、雄花。2018年6月24日
(1),(2)ミヤマイラクサ、雄花 

ツノハシバミ
&show(): The style ref(filename,pagename) is ambiguous and become obsolete. Please try ref(pagename/filename);
ツノハシバミ