アシカワトラノオ(仮称)ミタケトラノオ (コバノヒノキシダ×イワトラノオ)Asplenium ×mitakense

チャセンシダ科 チャセンシダ属

アシカワトラノオ(仮称) 2014年11月3日 森戸川源流
アシカワトラノオミタケトラノオ
 
生育している環境:上部が笹や夏緑および照葉樹の樹冠に覆われた泥岩の露頭で観察。付近にはイワトラノオが群生している。コバノヒノキシダは同じ渓谷内には見られるが、アシカワトラノオ(仮称)ミタケトラノオの生育地付近では観察できなかった。

観察された特徴コバノヒノキシダとイワトラノオの雑種と推定される。常緑性。やや2形性を示す。胞子葉は栄養葉にくらべて大きくなり12~18㎝、長楕円状披針形で基部の羽片は多少短縮する。羽片は底辺の広い三角状卵形で基部は切形に近い。両種の中間的な形態をしているが、葉が3~4回羽状に分かれる点はコバノヒノキシダに似ているが、葉の質が薄い点はイワトラノオに似ている。生育地では群生するイワトラノオに混ざって生えていることがあり、イワトラノオの大株として見過ごしてしまいやすいが、よく見ると羽片の形などで区別できる。
最初、雑種ではないかと思いミタケトラノオ(コバノヒノキシダ×イワトラノオ)としたが、山梨県芦川村で観察された個体の胞子が数・形とも整い有性生殖種であることが確認でき、アシカワトラノオ(仮称)とした。ただし、羽片が極端に短縮したコバノヒノキシダの可能性も考えられるので、今後も形態・胞子など調べる必要がある。

生育確認数2地点。各地点で4~10株。森戸川源流。

アシカワトラノオ(仮称)、葉身中部には幅の広い羽片が並ぶ。2014年11月3日 森戸川源流 
アシカワトラノオミタケトラノオ、葉身

アシカワトラノオ(仮称)の羽片、羽片の基部は切形で底辺の広い三角形。2014年11月3日 森戸川源流 アシカワトラノオ(仮称)の羽片、最下羽片はやや短縮する。2014年11月3日 森戸川源流 
(1)アシカワトラノオミタケトラノオ、羽片 
(2)アシカワトラノオミタケトラノオ、最下羽片

アシカワトラノオ(仮称)、胞子のう群。2014年11月3日 森戸川源流 
アシカワトラノオミタケトラノオ、胞子のう群