ナチシダ  Pteris wallichiana

イノモトソウ科 イノモトソウ属

大楠山の近くに在住されている方からナチシダに関する情報と画像を頂きました。2022年1月16日
大楠山山麓に生育するナチシダ。2022年1月 大楠山
(1)大楠山山麓に生育するナチシダ

生育している環境:大楠山山麓に生育。ナチシダは以前は河津七滝が天然分布の最北(「ナチシダ自生自然北限地」として1953年国の天然記念物に指定)とされていましたが、その後の気候の温暖化が影響しているのでしょうか徐々に分布域は北上しているようです。
観察された特徴:夏緑性。高さ50~100㎝になり、広さ50~80㎝ほどの五角形の大きな葉を広げる特徴的なシダ。胞子嚢群は裂片の辺縁が内側に巻き込みその中につける。

ナチシダ、羽片。2022年1月 大楠山 ナチシダ、胞子嚢群。2022年1月 大楠山
(2)ナチシダ、羽片
(3)ナチシダ、胞子嚢群