ノキシノブ

ウラボシ科 ノキシノブ属 Lepisorus thunbergianus

ノキシノブの生態写真

逗子・葉山での生態写真の撮影をまだしていませんので、参考までに横浜市緑区新治町で撮影したものを掲載しました。
生育環境:逗子・葉山付近では、道路のわきやトンネルの入り口付近の石垣あるいは林内の大木の幹に着生している。
特  徴:常緑性。根茎は短く、葉を密につける。この地域で観察される個体の葉の大きさは10~15cm、葉の先はの先は徐々にとがる。付け根は葉柄との境目がはっきりしないものが多い。
生育確認数:普通に見られる。