ウスゲクジャクフモトシダ 仮称(ウスゲフモトシダ×フモトカグマ)

メシダ科 シケシダ属

夏緑広葉樹林林縁に生育するウスゲクジャクフモトシダ 仮称(ウスゲフモトシダ×フモトカグマ)2018年12月23日 鎌倉 十二所周辺 

生育している環境:十二所果樹園周辺の山道沿いの夏緑広葉樹林林縁に生育。葉は20本程度で小規模に群生。周辺にはフモトシダ、ケブカフモトシダが生育。

観察された特徴:ウスゲフモトシダとフモトカグマの雑種と推定される。葉柄・中軸は黒に近いえんじ色、中軸表側は無毛。羽軸上は有毛。葉の大きさは50~70㎝、葉の質は薄くなめらか、黄緑色~明るい緑色で無毛。羽片は中~深裂し裂片の先は円頭。胞子嚢群は葉の辺縁寄りにつき、包膜はコップ状で表面には短い剛毛が生える。観察した胞子嚢群では、胞子嚢には白っぽい不稔の胞子が詰まっているが冬季ではない温かい季節にも改めて観察してみたい。同様な個体は横浜市 新治でも観察されている。

ウスゲクジャクフモトシダ、中軸は濃いえんじ色で表面は無毛。2018年12月23日 鎌倉 十二所周辺
ウスゲクジャクフモトシダ、中軸

ウスゲクジャクフモトシダ最下羽片、葉の表面はなめらかでゴワゴワしない。2018年12月23日 鎌倉 十二所周辺 ウスゲクジャクフモトシダ羽片葉の表面はなめらかでゴワゴワしない。2018年12月23日 鎌倉 十二所周辺
(1)ウスゲクジャクフモトシダ、最下羽片
(2)ウスゲクジャクフモトシダ、羽片

ウスゲクジャクフモトシダ、胞子嚢群は辺縁寄りで少し内側につく。2018年12月23日 鎌倉 十二所周辺 ウスゲクジャクフモトシダ、胞子嚢群は辺縁寄りで少し内側につく。2018年12月23日 鎌倉 十二所周辺
(1)(2)ウスゲクジャクフモトシダ、胞子嚢群

ウスゲクジャクフモトシダ、包膜。2018年12月23日 鎌倉 十二所周辺 ウスゲクジャクフモトシダ、胞子嚢から出た白い不稔の胞子が見える。2018年12月23日 鎌倉 十二所周辺
(1)ウスゲクジャクフモトシダ、包膜
(2)ウスゲクジャクフモトシダ、包膜を剥がしたようす

ウスゲクジャクフモトシダ、包膜。2018年12月23日 鎌倉 十二所周辺 ウスゲクジャクフモトシダ、胞子嚢から出た白い不稔の胞子が見える。2018年12月23日 鎌倉 十二所周辺
(1)ウスゲクジャクフモトシダ、包膜
(2)ウスゲクジャクフモトシダ、包膜を剥がしたようす