ミドリワラビ Deparia viridifrons

メシダ科 シケシダ属  

ミドリワラビ。2015年10月4日 飯能西部

生育している環境:渓谷のサイドに広がる緩斜面のスギ林床の間隔を空けて群生。

観察された特徴:夏緑性。葉の大きさは65~80cm、葉は卵形、濃緑色で艶が無い。3回羽状に深裂し、最終裂片には鋸歯がある。早く枯れ、撮影した時期(10月4日)では生育する個体はすべて倒れ、葉も黄ばんでいるものも見られた。胞子嚢群は最終裂片のやや中肋寄り~中間につき、包膜は三日月形~鈎形。

生育確認数:1地点。群生。飯能西部。

ミドリワラビとオオヒメワラビの葉身比較。2015年10月4日 飯能西部 ミドリワラビとオオヒメワラビの羽片比較。2015年10月4日 飯能西部
(1)ミドリワラビとオオヒメワラビの葉身比較
(2)ミドリワラビとオオヒメワラビの羽片比較

ミドリワラビ、羽軸の付け根の上には肉芽のような突起が見られる。羽軸には狭い翼がある。2015年10月4日 飯能西部 ミドリワラビ、羽軸の付け根の上には肉芽のような突起が見られる。羽軸には狭い翼がある。2015年10月4日 飯能西部
(1),(2)ミドリワラビ、羽軸付け根

ミドリワラビ、胞子嚢群は最終裂片のやや中肋寄り~中間につく。包膜は三日月形~鈎形。2015年10月4日 飯能西部 ミドリワラビ、胞子嚢群は最終裂片のやや中肋寄り~中間につく。包膜は三日月形~鈎形。2015年10月4日 飯能西部
(1),(2)ミドリワラビ、胞子嚢群

ミドリワラビ、最終裂片。2015年10月4日 飯能西部 ミドリワラビ、胞子嚢群は最終裂片のやや中肋寄り~中間につく。包膜は三日月形~鈎形。2015年10月4日 飯能西部
(1),(2)ミドリワラビ、最終裂片
(1),(2)ミドリワラビ、胞子嚢群