オニヒカゲワラビ Diplazium nipponicum

メシダ科 ノコギリシダ属

スギ・ヒノキ林林床に生育するオニヒカゲワラビ。2020年8月1日  飯能 赤沢周辺 

生育している環境:スギ・ヒノキ林内や林縁、中を流れる小川沿いに生育する。

観察された特徴:葉柄基部は黒に近い黒褐色で突起がありぶつぶつしている。葉の大きさは80~90㎝、3回羽状深裂、淡緑色で光沢がない。最下羽片の柄は長く基部は黒褐色を帯びる。羽軸や小羽軸裏側には短い毛のような突起が密につく。胞子嚢群は線形で中肋に接する~中肋寄りにつき、包膜の辺縁には鋸歯がある。

オニヒカゲワラビ、3回羽状深裂、淡緑色で光沢がない。2020年8月1日  飯能 赤沢周辺
林内沢沿いに生育するオニヒカゲワラビ

オニヒカゲワラビ、葉柄基部は黒褐色を帯び突起のようなぼつぼつがある。2020年8月1日  飯能 赤沢周辺 オニヒカゲワラビ、葉柄。2020年8月1日  飯能 赤沢周辺
(1)オニヒカゲワラビ、葉柄基部
(2)オニヒカゲワラビ、葉柄

オニヒカゲワラビ、最下羽片の柄は長く基部は黒褐色を帯びる。2020年8月1日  飯能 赤沢周辺 オニヒカゲワラビ、羽軸や小羽軸裏側には短い毛のような突起が密につく。2020年8月1日  飯能 赤沢周辺
(1)オニヒカゲワラビ、最下羽片 
(2)オニヒカゲワラビ、羽軸や小羽軸裏側

オニヒカゲワラビ、胞子嚢群は中肋に接する~寄りに付く。2020年8月1日  飯能 赤沢周辺 オニヒカゲワラビ、包膜の鋸歯は目立つ。2020年8月1日  飯能 赤沢周辺
(1)オニヒカゲワラビ、胞子嚢群
(2)オニヒカゲワラビ、包膜