コバノイシカグマ

コバノイシカグマ科 コバノイシカグマ属

スギ・ヒノキ林林床に生育するコバノイシカグマ、。2020年1月25日 高麗駅北部 

生育している環境:スギ・ヒノキ林内、湿地のようなウエットなところから乾燥気味の林縁まで見られる。

観察された特徴:一般に暖地性のシダであるが、飯能では東京・神奈川の森よりもよく目につく。根茎は長く這い間隔を空けて葉を出す。葉の大きさは35~80㎝、二等辺三角形、黄緑色。植物体全体に毛が生える。包膜は葉縁につきコップ状。

コバノイシカグマ。2020年1月25日 高麗駅北部 コバノイシカグマ、包膜は葉縁につきコップ状。2020年1月25日 高麗駅北部
(1)コバノイシカグマ
(2)コバノイシカグマ、包膜は葉縁につきコップ状