ツヤナシフナコシイノデか Polystichum ovato-paleaceum x P. polyblepharon

オシダ科 イノデ属

ツヤナシフナコシイノデか。2020年8月1日 飯能 赤沢周辺

生育している環境:林内に生育。

観察された特徴:ツヤナシイノデとイノデの雑種か。最初は、艶のあるツヤナシイノデとして観察会の報告に掲載したが、鱗片の様子などから雑種の可能性も考えられる。葉は光沢がある緑色でイノデの趣がある。鱗片には幅の広いものも混ざるがイノデの鱗片にも似ている。胞子は飛散しているようにも見えたので、艶のあるツヤナシイノデの可能性も含め改めて胞子の状態を観察する必要がある。

ツヤナシフナコシイノデか、葉柄。2020年8月1日 飯能 赤沢周辺 ツヤナシフナコシイノデかの葉身。2020年8月1日 飯能 赤沢周辺
(1)(2)ツヤナシフナコシイノデか