アカハナワラビ Botrychium nipponicum 

ハナヤスリ科 ハナワラビ属

緩やかな尾根沿、道が分岐するやや開けた平坦な林床に生育するアカハナワラビ(奥)とオオハナワラビ(手前)。2019年11月13日 飯能 天覧山周辺 
オオハナワラビとアカハナワラビ 

生育している環境:山の中腹、ウエットではない緩やかな尾根沿のやや開けた平坦な林床に生育。

観察された特徴:栄養葉はあまり大きくなく⑥~10㎝。羽片・小羽片な先ややや鋭頭。辺縁の鋸歯はあまり鋭くない。まだ紅色に紅葉はしていないが、絣模様が入っていることが分かる。胞子はすべて正常。胞子の核かもしれないが中央に球形のものが確認できる。

オオハナワラビ(左)とアカハナワラビ(右)。2019年11月13日 飯能 天覧山周辺
オオハナワラビとアカハナワラビ

アカハナワラビ、葉には白い絣模様が入り鋸歯はあるが鋭くない。2019年11月13日 飯能 天覧山周辺
アカハナワラビ、葉の表面

アカハナワラビ、胞子上面は小さなクレーター状に細かく凹んでいる。2019年11月13日 飯能 天覧山周辺 アカハナワラビ、胞子の中には核のような円~楕円の物体が見える。2019年11月13日 飯能 天覧山周辺
(1)アカハナワラビ、胞子上面
(2)アカハナワラビ、胞子側面

アカハナワラビ、胞子上面は小さなクレーター状に細かく凹んでいる。2019年11月13日 飯能 天覧山周辺 アカハナワラビ、胞子の中には核のような円~楕円の物体が見える。2019年11月13日 飯能 天覧山周辺
(1)アカハナワラビ、胞子上面
(2)アカハナワラビ、胞子側面

アカハナワラビ、胞子上面は小さなクレーター状に細かく凹んでいる。2019年11月13日 飯能 天覧山周辺 アカハナワラビ、胞子の中には核のような円~楕円の物体が見える。2019年11月13日 飯能 天覧山周辺
(1)アカハナワラビ、胞子上面
(2)アカハナワラビ、胞子側面