オニトウゲシバ Huperzia serrata var. longipetiolata

ヒメシダ科 ヒメシダ属

チャートの岩場斜面に群生するオニトウゲシバ。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝

生育している環境:林縁のチャートの崖に群生。岩の上に多少腐植が堆積した常緑広葉樹に覆われた斜面。
観察された特徴:常緑性。暖地性のトウゲシバの仲間。立ち上がった茎の高さは10~20㎝、2~3叉する。葉は紡錘形で中央で最も幅が広く幅は5㎜(トウゲシバの葉は倒披針形で、幅はどちらかというと中央より先のほうで最大となる)。胞子嚢をつける部分の葉は非常に小さくなる。

オニトウゲシバ、立ち上がった茎は2~3回程度分岐する。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 オニトウゲシバ、葉は紡錘形で中央~やや基部側で最も幅が広くなる。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 
(1)オニトウゲシバ 
(2)オニトウゲシバ、葉

オニトウゲシバ、胞子嚢をつける部分の葉は他の葉にくらべ極端に小さくなる。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 オニトウゲシバ、胞子嚢。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝
(1)(2)オニトウゲシバ、胞子嚢