オニヒカゲワラビDiplazium nipponicum

メシダ科 ノコギリシダ属

林内に大株が多数、点在して生育するオニヒカゲワラビ。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 

生育している環境:中央に渓流が流れ、両側には緩やかに傾斜した斜面が広く広がる樹齢を経たスギ・ヒノキ林林床に点在して生育するが谷全体として見ると個体数も多く群生しているといってもよい。横方向に広い谷全体が樹木に覆われた空間のようで湿度・気温等が安定した感じがする森。
観察された特徴:冬の状態は見ていないが、夏緑性を思われる。葉の大きさは100~150㎝。3回羽状に深裂し裂片には鋸歯がある。葉は淡緑色で艶が無くマットな質感。中軸~羽軸~小羽軸にかけて小さな鱗片と短毛がある。胞子嚢群は中肋に接するようにして葉脈に沿ってつく。

オニヒカゲワラビ、葉の大きさは150㎝に達する。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝  
オニヒカゲワラビ(1m定規が葉の上に乗る)

オニヒカゲワラビ、葉身。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 オニヒカゲワラビ、葉は淡緑色で艶が無くマットな質感。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 
(1)オニヒカゲワラビ、葉身
(2)オニヒカゲワラビ、羽片

オニヒカゲワラビ、胞子嚢群は中肋に接するようにして葉脈に沿ってつく。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝 オニヒカゲワラビ、少し取れかけているが中軸などには小さな鱗片と短毛がある。2018年10月13日 埼玉県越生 黒山三滝(1)オニヒカゲワラビ、小羽片裏側
(2)オニヒカゲワラビ、裂片および胞子嚢群