イワヘゴ(胞子のう群は中間につくtype)

オシダ科  オシダ属 

いままでキヨズミオオクジャクとしていましたが、イワヘゴであるとのお話を聞き訂正いたします。1つの谷では非常に個体数が多いのですが、葉の裏全体に胞子のう群をつけている個体を探すことはできませんでした。このtypeは他では大雄山でも確認されています。

標本1  葉の表面がわずかに窪む個体
胞子のう群が中間につくイワヘゴ、葉身は長さの割に幅が広い個体が目立つ。八王子市 上恩方町
胞子のう群が中間につくイワヘゴ

生育環境:陣馬山北側渓谷沿い。スギ植林地内を流れる渓谷の流れの脇や植林されている河原。
特  徴:常緑性。葉柄下部の鱗片は黒褐色~濃褐色・披針形で光沢がある。中軸の鱗片は黒褐色~赤褐色で辺縁には鋸歯がある。観察された葉の大きさは50~90㎝、葉の色は鮮緑色~深緑色。羽片表面では葉脈に沿ってやや凹むがほとんど窪まない個体も見られる。下部の羽片はあまり短縮しない。胞子のう群は羽片の中間につく。
生育確認数:2地点 個体数は多い。陣馬山高原下、駒木野。

胞子のう群が中間につくイワヘゴ、胞子のう群は中間につく。八王子市 陣馬山高原下 胞子のう群が中間につくイワヘゴ、胞子のう群は中間につく。八王子市 陣馬山高原下
胞子のう群が中間につくイワヘゴ、羽片裏側(上左、上右)

胞子のう群が中間につくイワヘゴ、葉の表面は葉脈に沿ってわずかに窪む。八王子市 陣馬山高原下 胞子のう群が中間につくイワヘゴ、中軸下部の鱗片。八王子市 陣馬山高原下
胞子のう群が中間につくイワヘゴ、羽片表面(上左)
胞子のう群が中間につくイワヘゴ、中軸下部の鱗片(上右) 





標本2葉の表面が窪まない個体
胞子のう群が中間につくイワヘゴ、渓谷に沿って群生。八王子市 陣馬山高原下

胞子のう群が中間につくイワヘゴ、胞子のう群は中間につく。八王子市 陣馬山高原下 胞子のう群が中間につくイワヘゴ、葉の表面は葉脈に沿ってほとんど窪まない。八王子市 陣馬山高原下
胞子のう群が中間につくイワヘゴ、羽片裏側(上左)
胞子のう群が中間につくイワヘゴ、羽片表面(上右)

胞子のう群が中間につくイワヘゴ、中軸下部の鱗片。八王子市 陣馬山高原下 胞子のう群が中間につくイワヘゴ、中軸下部の鱗片。八王子市 陣馬山高原下 
胞子のう群が中間につくイワヘゴ、中軸下部の鱗片が黒褐色の個体(上左、上中)





標本3
胞子のう群が中間につくイワヘゴ。八王子市 駒木野

胞子のう群が中間につくイワヘゴ、胞子のう群は中間につく。八王子市 駒木野 胞子のう群が中間につくイワヘゴ、胞子のう群は中間につく。八王子市 駒木野 
胞子のう群が中間につくイワヘゴ、羽片裏側(上左、上右)

胞子のう群が中間につくイワヘゴ、葉の表面は葉脈に沿ってわずかに窪む。八王子市 駒木野 胞子のう群が中間につくイワヘゴ、中軸下部の鱗片。八王子市 駒木野 
胞子のう群が中間につくイワヘゴ、羽片表面(上左)
胞子のう群が中間につくイワヘゴ、中軸下部の鱗片(上右)





標本4  胞子のう群が羽片にやや広がってつく個体
個体数は少ないが羽片にやや広く胞子のう群がつく個体が見られる。
個体数は少ないが胞子のう群が羽片にやや広くつく個体もみられる。八王子市 陣馬山高原下
胞子のう群が中間につくイワヘゴ

個体数は少ないが胞子のう群が羽片にやや広くつく個体もみられる。八王子市 陣馬山高原下 個体数は少ないが胞子のう群が羽片にやや広くつく個体もみられる。八王子市 陣馬山高原下
胞子のう群が中間につくイワヘゴ、羽片裏側(上左、上右)