ヒメカナワラビ

オシダ科 イノデ属 Polystichum tsus-simense

ヒメカナワラビ 2014年3月28日 高尾山 
生育している環境:渓谷沿いの岩壁や石垣に生育。
観察された特徴:常緑性。葉柄基部の鱗片は披針形、褐色。葉の大きさは30~50㎝。羽軸や小羽片の柄は細く華奢で、羽片の先へ行くに従い小羽片は羽軸に流れたつく。胞子のう群は葉身の裏側全面あるいは下側から付きはじめる。      
生育確認数:1地点。個体数は多い。高尾山。
ヒメカナワラビ 2014年3月28日 高尾山 
ヒメカナワラビ(上)


ヒメカナワラビ、葉柄下部には褐色で披針形~広披針形の鱗片をつける。2014年3月28日 高尾山
ヒメカナワラビ、葉柄下部の鱗片(上)


ヒメカナワラビ、羽片。2014年3月28日 高尾山 ヒメカナワラビ、胞子のう群は葉身の下側から付くことが多い。2014年3月28日 高尾山
ヒメカナワラビ、羽片(上左)
ヒメカナワラビ、胞子のう群(上右)