沢沿いの苔むした転石上に生育するタニギキョウ。2023年4月22日 伊豆筏場 
①苔むした転石上に生育するタニギキョウ

 筏場周辺でシダを観察しました。周辺の集落はワサビ農家が多いのでしょうか。周辺の川沿いにはワサビ田が広がり、集落も潤った空気に包まれ、どの家でもアマギシャクナゲが美しい花を咲かせていました。アズマシャクナゲの品種ですが潤った空気の中で咲くアマギシャクナゲは特に美しく感じました。開花しているあいだ中、濃い紅色の蕾と開花した白い花のコントラストが美しく,名花でした。残念なのはワサビ田に入ることができなかったことです。ワサビ田の周りの石組みは独特の環境で、面白いシダが生育している可能性があると思います。
 今回の観察会では、胞子のようすを確認しなければならないものが多く、とりあえずイノデの胞子が熟す頃、再訪したいと思っています。
民家の納屋裏で花を咲かせるアマギシャクナゲ。2023年4月22日 伊豆筏場 
①民家の納屋裏で花を咲かせるアマギシャクナゲ

ハナヤスリのなかま

コヒロハハナヤスリ
林内に農道沿いに開けたよく刈り込まれたハイゴケの仲間が茂る道沿いの短い丈の草地に生育していました。個体数は多く生育。コハナヤスリの可能性もある。
林内の開けた苔むした農道沿いに生育するコヒロハハナヤスリ。2023年4月22日 伊豆筏場 
①林内の開けた苔むした農道沿いに生育するコヒロハハナヤスリ

コヒロハハナヤスリ、胞子葉をつけている。2023年4月22日 伊豆筏場 コヒロハハナヤスリ、葉面。2023年4月22日 伊豆筏場
③胞子葉をつけたコヒロハハナヤスリ
④コヒロハハナヤスリ、葉面





コケシノブのなかま
 ウエットな空気に包まれた岩場・岩壁ではコウヤコケシノブ、ハイホラゴケ、また、冷涼な気候(高地性)を好むコケシノブや暖地性のオオハイホラゴケ・セイタカホラゴケが生育していた。
 
コケシノブ
 ウエットな空気に包まれた風通しの良い高く切り立った岩壁に群生していた。葉は1~2回羽状に分かれる。羽片は中軸に鋭角的な角度でつき裂片の先は円頭。中軸羽軸は黒褐色。包膜は二枚貝状。
 コケシノブとオオハイホラゴケの両者の生育場所は非常に近く、コケシノブは、空中の湿度や風通し、夏場の気温などの条件が整えば標高が低くても生育できることを物語っている。  
コケ類と共に岩壁に生育するコケシノブ。2023年4月22日 伊豆 筏場 岩壁に群生するコケシノブ。2023年4月22日 伊豆 筏場
①ウエットな空気に包まれた風通しの良い岩壁に群生するコケシノブ
②岩壁に群生するコケシノブ

コケシノブ、羽片は中軸に鋭角的な角度でつく。軸は黒っぽい。2023年4月22日 伊豆 筏場 コケシノブ、包膜は二枚貝状。2023年4月22日 伊豆 筏場
③羽片は中軸に鋭角的な角度でつくコケシノブ
④コケシノブ、包膜





アオホラゴケ
渓谷の上部のそれほどウエットではない林内の岩上にコケ類と共に生育していた。
林内の岩上にコケ類と共に生育するアオホラゴケ。2023年4月22日 伊豆 筏場 アオホラゴケの偽脈。2023年4月22日 伊豆 筏場
①林内の岩上にコケ類と共に生育するアオホラゴ
②アオホラゴケ、偽脈





オオハイホラゴケ
流れのそばのオーバーハングした岩壁の下の岩屑が堆積した場所や岩棚にオオハイホラゴケが群生していました。非常にウエットな空気に包まれた環境でした。胞子はまだ調べていません。機会を見つけてまた調べてみたいと思います。葉の長さは35㎝程度。幅は8~10cm。
非常にウエットな空気に包まれた岩壁に生育するオオハイホラゴケ。2023年4月22日 伊豆 筏場 オオハイホラゴケ、葉の長さは30㎝以上。2023年4月22日 伊豆 筏場
①非常にウエットな空気に包まれた岩壁に生育するオオハイホラゴケ

オオハイホラゴケ、葉の長さは30㎝以上。2023年4月22日 伊豆 筏場 オオハイホラゴケ、葉の長さは30㎝以上。2023年4月22日 伊豆 筏場
②③オオハイホラゴケ、葉身。





ハイホラゴケ
沢沿いの日陰の岩壁の下部に群生。個体数は多い。葉の大きさは8~13㎝。胞子のう群をつけていた。ヒメハイホラゴケとの雑種のコハイホラゴケの可能性も考えなければならない。
ウエットな空気に包まれた沢沿いの日陰の岩壁の下部に群生するハイホラゴケ。2023年4月22日 伊豆 筏場 ハイホラゴケ、葉身は8~13㎝。胞子のう床は包膜から長く飛び出す。2023年4月22日 伊豆 筏場 
①ウエットな空気に包まれた岩壁に生育するハイホラゴケ
②ハイホラゴケ、葉の大きさは10cm程度





イズハイホラゴケセイタカホラゴケ
※7月14日の再訪時、胞子のようす確認によりイズハイホラゴケに訂正いたします。
ハイホラゴケとオオハイホラゴケの雑種と推定される。大形の細長いハイホラゴケの仲間。林内の水が滴る傾斜のきつい岩屑地に群生する。葉の長さは25㎝程度。幅は狭く5cm程度。
非常にウエットな空気に包まれた岩壁に生育するイズハイホラゴケ<del>セイタカホラゴケ</del>。2023年4月22日 伊豆 筏場 
①林内の水が滴る傾斜のきつい岩屑地に群生するイズハイホラゴケセイタカホラゴケ

イズハイホラゴケ<del>セイタカホラゴケ</del>、葉身。葉の長さは25センチ程度。2023年4月22日 伊豆 筏場 イズハイホラゴケ<del>セイタカホラゴケ</del>、葉身。葉の長さは25センチ程度。2023年4月22日 伊豆 筏場
②③イズハイホラゴケセイタカホラゴケ、葉身。





チャセンシダのなかま

コタニワタリ
川沿いの林内の崖や石組みに点在して生育。個体数は30株以上。葉の大きさな50㎝(葉柄20㎝程度、葉身30㎝程度)程度
川沿いの林内の崖に生育するコタニワタリ。2023年4月22日 伊豆 筏場 コタニワタリ、新葉を展開していた。2023年4月22日 伊豆 筏場
①川沿いの林内の崖に生育するコタニワタリ
②新葉を展開するコタニワタリ 

川沿いの林内の石組みに生育するコタニワタリ。2023年4月22日 伊豆 筏場 コタニワタリ、胞子のう群。2023年4月22日 伊豆 筏場
①川沿いの林内の石組みに生育するコタニワタリ
②コタニワタリ、胞子のう群 





ヒメシダのなかま

イブキシダ
近くの渓流から流れ込む林縁の人家の周辺の側溝に生育。小羽片の先は鋭頭。
林縁の人家の周辺の側溝に生育するイブキシダ。2023年7月14日 伊豆 筏場 
①林縁の人家の周辺の側溝に生育するイブキシダ

イブキシダ、羽片の裏側。2023年7月14日 伊豆 筏場 イブキシダ、胞子のう群。2023年7月14日 伊豆 筏場
②イブキシダ、羽片の裏側
③イブキシダ、胞子のう群





メシダのなかま
イヌワラビ、ヤマイヌワラビ、ヒロハイヌワラビ、カラクサイヌワラビ、ホソバイヌワラビ、タニイヌワラビなどが見られた。

ホソバイヌワラビ
薄暗い林床で明るい淡鮮緑色の葉を広げていた。
薄暗い林床で明るい淡鮮緑色の葉を広げるホソバイヌワラビ。2023年4月22日 伊豆 筏場 薄暗い林床で明るい淡鮮緑色の葉を広げるホソバイヌワラビ。2023年4月22日 伊豆 筏場
①②薄暗い林床で明るい淡鮮緑色の葉を広げるホソバイヌワラビ





タニイヌワラビ
ウエットな空気に包まれた林床で白い新芽を展開していた。
ウエットな空気に包まれた林床で若葉を展開するタニイヌワラビ。2023年4月22日 伊豆 筏場 渓流脇の崖に生育するタニイヌワラビ。2023年7月14日 伊豆 筏場  
①ウエットな空気に包まれた林床で若葉を展開するタニイヌワラビ
②渓流脇の崖に生育するタニイヌワラビ

タニイヌワラビ、葉柄基部の鱗片。2023年4月22日 伊豆 筏場 タニイヌワラビ、葉柄基部の鱗片。2023年4月22日 伊豆 筏場
③④タニイヌワラビ、葉柄基部の鱗片

タニイヌワラビ、胞子のう群。2023年7月14日 伊豆 筏場
⑤タニイヌワラビ、胞子のう群





ヒロハイヌワラビ
林床で時々出会いました。
林内で時々見かけたヒロハイヌワラビ。2023年4月22日 伊豆 筏場 ヒロハイヌワラビ、葉柄基部の鱗片。2023年4月22日 伊豆 筏場
①②林内で時々見かけたヒロハイヌワラビ





カラクサイヌワラビ
川沿いのウエットなスギ林床に生育していた。写真の映りが悪いのでヤマイヌワラビかもしれない。
川沿いのウエットなスギ林床に生育するカラクサイヌワラビ。2023年4月22日 伊豆 筏場
①川沿いのウエットなスギ林床に生育するカラクサイヌワラビ




シケチシダのなかま
渓流沿いの林床にはシケチシダやハコネシケチシダが生育する。

シケチシダ
広く林床に生育していた。
広く林床に生育するシケチシダ。2023年4月22日 伊豆 筏場 広く林床に生育するシケチシダシケチシダ。2023年4月22日 伊豆 筏場
①②広く林床に生育するシケチシダ





切れ込みの浅い2回羽状複葉のハコネシケチシダ
あるいはハコネシケチシダ似の葉の幅の広い小羽片が中裂するシケチシダか
2023年7月14日胞子確認により訂正。

 1つのやや平坦な広いスギ植林を中心とした林床に半径2~3mの範囲に50~70枚の葉をまとまって立ち上げスポット状に数か所に亘り生育。同じ林内にシケチシダは普通に生えているが、スポット状にまとまって生えるハコネシケチシダ思われる群生とは混生していない。
 葉の大きさは葉の大きさは70cm程度(葉柄は30~40㎝・葉身は40~50㎝前後)、葉身下部は3回羽状中~浅裂、葉身上部は2回羽状複葉に分かれる。裏側羽軸・小羽軸上は無毛。
 観察会では、林床内にスポット状に大量に群生する姿や羽片の幅・小羽片の切れ込みのようすからハコネシケチシダと紹介したが、羽軸や小羽軸裏側は無毛なので幅の広いハコネシケチシダ似のシケチシダの可能性もあると考えられる。 
 箱根(雑種)奥多摩(雑種)で観察される大形・小羽片が深く切れ込む(深裂する)ハコネシケチシダに比べると、幅の広い葉だけで群生している点は似ているが、やや小形であること・小羽片の切れ込みが浅いことが異なる。青梅(有性生殖種)で見られるハコネシケチシダ似のシダに比べると(シケチシダと混ざって生育し、1つの株からハコネシケチシダ的な葉とシケチシダ的な葉をつけるなど)群生の仕方は異なるが、やや小形である点や小羽片の切れ込みが浅いこと、羽軸や小羽軸が無毛な点は同じである。あらためて胞子のようすを観察する必要がある。

スギ林林床にまとまって群生するハコネシケチシダあるいはハコネシケチシダ似のシケチシダか。2023年4月22日 伊豆 筏場 スギ林林床にまとまって群生するハコネシケチシダあるいはハコネシケチシダ似のシケチシダか。2023年4月22日 伊豆 筏場
①②スギ林林床に群生するハコネシケチシダあるいはハコネシケチシダ似のシケチシダか

ハコネシケチシダあるいはハコネシケチシダ似のシケチシダか、葉身。2023年4月22日 伊豆 筏場 ハコネシケチシダあるいはハコネシケチシダ似のシケチシダか、葉身。2023年4月22日 伊豆 筏場
③④ハコネシケチシダあるいはハコネシケチシダ似のシケチシダか、葉身

スギ林床に多くの葉を立ち上げるようにまとまって群生させているハコネシケチシダあるいはハコネシケチシダ似のシケチシダか。2023年4月22日 伊豆 筏場 スギ林床に多くの葉を立ち上げるようにまとまって群生させているハコネシケチシダあるいはハコネシケチシダ似のシケチシダか。2023年4月22日 伊豆 筏場
⑤⑥スギ林床に多くの葉を立ち上げるようにまとまって群生させているハコネシケチシダあるいはハコネシケチシダ似のシケチシダか

ハコネシケチシダあるいはハコネシケチシダ似のシケチシダか、胞子のう群。羽軸・小羽軸は無毛。2023年4月22日 伊豆 筏場 ハコネシケチシダあるいはハコネシケチシダ似のシケチシダか、胞子のう群。羽軸・小羽軸は無毛。2023年4月22日 伊豆 筏場
⑦⑧ハコネシケチシダあるいはハコネシケチシダ似のシケチシダか、胞子のう群。羽軸・小羽軸は無毛





シケシダのなかま
シケシダ、フモトシケシダ、ハクモウイノデ、セイタカシケシダ、ムクゲシケシダなどが見られた。

ハクモウイノデ
渓流のそばの岩場に生育。
渓流のそばの岩場に生育に生育するハクモウイノデ。2023年4月22日 伊豆 筏場 ハクモウイノデ、葉身下部。2023年4月22日 伊豆 筏場
①②渓流のそばの岩場に生育に生育するハクモウイノデ




ムクゲシケシダ(栄養葉)
冷涼な環境を好むムクゲシケシダが生育。シケシダの仲間は胞子をつけた葉を出すのが遅くまだ出ていなかった。ムクゲシケシダの栄養葉は地面に葉を広げ、胞子をつけた葉は高く立ち上がる。裂片の先はハサミで切りそろえられたように平らである。
ウエットな沢のそばの群生するムクゲシケシダ。2023年4月22日 伊豆 筏場 ウエットな沢のそばの群生するムクゲシケシダ。2023年4月22日 伊豆 筏場
①②ウエットな沢のそばの群生するムクゲシケシダ

ムクゲシケシダ、葉身。2023年4月22日 伊豆 筏場 ムクゲシケシダ、葉身。2023年4月22日 伊豆 筏場
③④ムクゲシケシダ、葉身

ムクゲシケシダ、葉柄。2023年4月22日 伊豆 筏場 ムクゲシケシダ、葉身下部裏側。2023年4月22日 伊豆 筏場
⑤ムクゲシケシダ、葉柄
⑥ムクゲシケシダ、葉身下部裏側





ノコギリシダDipraziumのなかま
ノコギリシダや小羽片が尖る大形のキヨタキシダ雑種か、シロヤマシダ、オニヒカゲワラビ、小羽片の裂片が独立するディプラジウムのなかまなどが見られた。

ノコギリシダ
沢沿いのそばに群生していた。
沢沿いのそばに群生するノコギリシダ。2023年4月22日 伊豆 筏場 ノコギリシダ、胞子のう群。2023年4月22日 伊豆 筏場
①沢沿いのそばに群生するノコギリシダ
②ノコギリシダ、胞子のう





トガリバキヨタキシダ(仮称)キヨタキシダの雑種か2023年胞子観察により訂正いたします。
林内の道沿いの崖に生育。葉身の大きく、50㎝以上。小羽片の先端は細長く伸びて鋭頭。包膜は裂片基部では非常に長く、上部では短くなる。
キヨタキシダの雑種か。2023年4月22日 伊豆 筏場 
①キヨタキシダの雑種か

キヨタキシダの雑種か、最下羽片。2023年4月22日 伊豆 筏場 キヨタキシダの雑種か、小羽片。2023年4月22日 伊豆 筏場
②キヨタキシダの雑種か、最下羽片 
③キヨタキシダの雑種か、小羽片

キヨタキシダの雑種か、裂片基部の胞子のう群は長い。2023年4月22日 伊豆 筏場 キヨタキシダの雑種か、裂片基部の胞子のう群は長い。2023年4月22日 伊豆 筏場
④⑤キヨタキシダの雑種か、胞子のう群





シロヤマシダ
スギ林内に群生、林内に生育する照葉樹下では常緑性であったが周辺では枯れている株も見られた。最上部をスギ・上部を照葉樹と2重に覆われていたため枯れずに生育していたのであろうか、あるいは伊豆半島では常緑なのであろうか。
林内に生育する常緑性のシロヤマシダ。2023年4月22日 伊豆 筏場 シロヤマシダ、葉柄基部。2023年4月22日 伊豆 筏場 
①林内に生育する常緑性のシロヤマシダ
②シロヤマシダ、葉柄基部

シロヤマシダ、胞子のう群。側脈は単条。2023年4月22日 伊豆 筏場 シロヤマシダ、胞子のう群。側脈は単条。2023年4月22日 伊豆 筏場 
③④シロヤマシダ、胞子のう群





オニヒカゲワラビ
林内の切り立った風化した崖の下の岩屑類が堆積した急斜面に生育。
切り立った風化した崖の下の岩屑類が堆積した急斜面に生育するオニヒカゲワラビ。2023年4月22日 伊豆 筏場  
①林内の切り立った風化した崖の下の岩屑類が堆積した急斜面に生育するオニヒカゲワラビ

オニヒカゲワラビ、羽片裏側。2023年4月22日 伊豆 筏場 オニヒカゲワラビ、胞子のう群。2023年4月22日 伊豆 筏場
②オニヒカゲワラビ、羽片裏
③オニヒカゲワラビ、胞子のう





オニヒカゲワラビオニヒカゲワラビか不明なDiprazium2023年7月14日再度観察により訂正。
まだ葉を展開している途中でよくわからなかった。オニヒカゲワラビかもしれないが
、紹介します。

Dipraziumの仲間。2023年4月22日 伊豆 筏場 Dipraziumの仲間。2023年4月22日 伊豆 筏場
①②Dipraziumの仲間

Dipraziumの仲間、葉柄基部の鱗片。2023年4月22日 伊豆 筏場 Dipraziumの仲間、小羽片。2023年4月22日 伊豆 筏場
③Dipraziumの仲間、葉柄基部の鱗片
④Dipraziumの仲間、小羽片




7月14日のようす
群生するオニヒカゲワラビ。2023年7月14日 伊豆 筏場 群生するオニヒカゲワラビ。2023年7月14日 伊豆 筏場
⑤⑥群生するオニヒカゲワラビ

オニヒカゲワラビ、新芽。2023年7月14日 伊豆 筏場 オニヒカゲワラビ、新芽の鱗片。2023年7月14日 伊豆 筏場
⑤⑥オニヒカゲワラビ、新芽の鱗片

オニヒカゲワラビ、羽片。2023年7月14日 伊豆 筏場 オニヒカゲワラビ、小羽片。2023年7月14日 伊豆 筏場
⑦オニヒカゲワラビ、羽片
⑧オニヒカゲワラビ、小羽片

オニヒカゲワラビ、包膜の辺縁には鋸歯がある。2023年7月14日 伊豆 筏場 オニヒカゲワラビ、胞子のう群。2023年7月14日 伊豆 筏場
⑨オニヒカゲワラビ、包膜
⑩オニヒカゲワラビ、胞子のう群




ヤブソテツのなかま
ヤブソテツ(ツヤナシヤマヤブソテツ、テリハヤマヤブソテツ)、テリハヤブソテツ、ナガバヤブソテツ、ナガバヤブソテツモドキ(ナガバヤブソテツ×テリハヤブソテツ)、羽片が鋭く長いナガバヤブソテツ似のシダ、ヒロハヤブソテツなどが見られた。良い季節に再訪し胞子のようすを観察してみたい。

ナガバヤブソテツモドキ(ナガバヤブソテツ×テリハヤブソテツ)
山際の農道の脇、ワサビ田に流れ込む清流のそばに生育。ナガバヤブソテツとテリハヤブソテツの雑種と推定される。葉の大きさは50~60㎝、葉の質はやや厚みがあり光沢がある。下部の羽片は基部は心形で中軸に纏わりつくようにつき、葉身中~上部の羽片では基部は切形となる。改めて胞子のようすを観察してみたい。
テリハヤブソテツに似ているところ:①羽片基部はゆるい円形~切形。下~中部の羽片には耳垂が無く上部の羽片にわずかに耳垂が認められる程度。
ナガバヤブソテツに似ているところ:①葉に厚みと光沢がある。
ワサビ田に流れ込む清流のそばに生育するナガバヤブソテツモドキ(ナガバヤブソテツ×テリハヤブソテツ)。2023年4月22日 伊豆 筏場 
①ワサビ田に流れ込む清流のそばに生育するナガバヤブソテツモドキ(ナガバヤブソテツ×テリハヤブソテツ)

ナガバヤブソテツモドキ(ナガバヤブソテツ×テリハヤブソテツ)、葉身中部。2023年4月22日 伊豆 筏場 ナガバヤブソテツモドキ(ナガバヤブソテツ×テリハヤブソテツ)、葉身上部。2023年4月22日 伊豆 筏場
①ナガバヤブソテツモドキ(ナガバヤブソテツ×テリハヤブソテツ)、葉身下部
①ナガバヤブソテツモドキ(ナガバヤブソテツ×テリハヤブソテツ)、葉身上部

ナガバヤブソテツモドキ(ナガバヤブソテツ×テリハヤブソテツ)、胞子のう群(葉身下部)。2023年4月22日 伊豆 筏場 ナガバヤブソテツモドキ(ナガバヤブソテツ×テリハヤブソテツ)、胞子のう群(葉身上部)。2023年4月22日 伊豆 筏場
①ナガバヤブソテツモドキ(ナガバヤブソテツ×テリハヤブソテツ)、葉身下部
①ナガバヤブソテツモドキ(ナガバヤブソテツ×テリハヤブソテツ)、葉身上部





直線的な羽片がシャープにのびるナガバヤブソテツあるいはその雑種か
林内の沢沿いに設けられた石組みに生育。葉の質はやや厚みがあり・光沢あり・辺縁には鋸歯は見られない。羽片の基部は楔形。頂羽片あり。周辺では一般的なナガバヤブソテツも見られた。
直線的な羽片がシャープにのびるナガバヤブソテツ<del>似のシダ</del>。2023年4月22日 伊豆 筏場 直線的な羽片がシャープにのびるナガバヤブソテツ<del>似のシダ</del>。2023年4月22日 伊豆 筏場
①②直線的な羽片がシャープにのびるナガバヤブソテツ似のシダ

葉身上部の羽片は特に直線的でシャープにのびる。2023年4月22日 伊豆 筏場 葉身上部の羽片は特に直線的でシャープにのびる。2023年4月22日 伊豆 筏場
③④葉身上部の羽片は特に直線的でシャープにのびる

胞子のう群は小さく、包膜は栗色を帯びる。2023年4月22日 伊豆 筏場
⑤直線的な羽片がシャープにのびるナガバヤブソテツ似のシダ、胞子のう群





ヒロハヤブソテツ
清流沿いのウエットな空気に包まれた岩場に生育。
清流沿いのウエットな空気に包まれた岩場に生育するヒロハヤブソテツ。2023年4月22日 伊豆 筏場 ヒロハヤブソテツ、羽片。2023年4月22日 伊豆 筏場  
①清流沿いのウエットな空気に包まれた岩場に生育するヒロハヤブソテツ
②ヒロハヤブソテツ、羽片
ヒロハヤブソテツ、頂羽片。2023年7月14日 伊豆 筏場 ヒロハヤブソテツ、胞子のう群。2023年4月22日 伊豆 筏場
③ヒロハヤブソテツ、頂羽片
④ヒロハヤブソテツ、胞子のう群




イノデのなかま
イノデ、アイアスカイノデ、イノデモドキ、サイゴクイノデ、カタイノデ、ツヤナシイノデ、3回羽状に分かれるヒメカナワラビ、ツヤナシフナコシイノデ(ツヤナシイノデ×イノデ)葉身先が尾状に伸びるサイゴクイノデの雑種か、などが見られた。

イノデツヤナシフナコシイノデ
※2023年7月14日再度観察する。1つの葉を除き、胞子は飛んでいた。イノデと考えられ訂正いたします。
イノデとツヤナシイノデの雑種と推定される。周辺の林には両親が生育していた。ワサビ田周辺のスギ林内に生育。外観は葉の色の濃いツヤナシイノデ。成長した葉身はやや低めに葉を広げていた。葉は鮮緑色。光沢がある。同定の決め手となるのは葉柄の鱗片で、辺縁に細かい鋸歯のある大きく丸い鱗片が混ざる。中軸にも幅の広い卵状披針形の鱗片がつく。胞子のう群は弾けず、葉身下部ではやや辺縁寄り、葉身上部では中間につく。
ワサビ田周辺のスギ林に生育するイノデ<del>ツヤナシフナコシイノデ</del>。2023年4月22日 伊豆 筏場 イノデ<del>ツヤナシフナコシイノデ</del>、葉身。2023年4月22日 伊豆 筏場
①ワサビ田周辺のスギ林に低く葉を広げるイノデツヤナシフナコシイノデ
②イノデツヤナシフナコシイノデ、葉身

イノデ<del>ツヤナシフナコシイノデ</del>、葉柄の鱗片。2023年4月22日 伊豆 筏場 イノデ<del>ツヤナシフナコシイノデ</del>、中軸裏側の鱗片。2023年4月22日 伊豆 筏場
③イノデツヤナシフナコシイノデ、葉柄の鱗片
④イノデツヤナシフナコシイノデ、中軸の鱗片

イノデ<del>ツヤナシフナコシイノデ</del>、葉柄には辺縁に細かい鋸歯のある大きく丸い鱗片が混ざる。2023年4月22日 伊豆 筏場
⑤イノデツヤナシフナコシイノデ、葉柄の鱗片に混ざる辺縁に細かい鋸歯のある大きく丸い鱗片

イノデ<del>ツヤナシフナコシイノデ</del>、羽片には光沢がある。2023年4月22日 伊豆 筏場 イノデ<del>ツヤナシフナコシイノデ</del>、昨年の胞子のう群。胞子は飛んでいない。2023年4月22日 伊豆 筏場
⑥イノデツヤナシフナコシイノデ、羽片
⑦イノデツヤナシフナコシイノデ、昨年の胞子のう群

イノデ<del>ツヤナシフナコシイノデ</del>、葉身下部の胞子のう群。2023年4月22日 伊豆 筏場 イノデ<del>ツヤナシフナコシイノデ</del>、葉身上部の胞子のう群。2023年4月22日 伊豆 筏場
⑧イノデツヤナシフナコシイノデ、葉身下部の胞子のう群
⑨イノデツヤナシフナコシイノデ、葉身上部の胞子のう群





細長いサイゴクイノデあるいはその雑種
葉は艶のない暗い白緑色、先端に向けて徐々に細くなり尾状に伸びる。周辺で見られた一般的なサイゴクイノデの葉は先端でやや急に短縮することが多く、色も比較的明るい艶のない白緑色であった。胞子のう群や胞子のようすを観察してみないとわからないが興味深い個体である。なお、展開したて若葉のうちの1枚の先端は2叉していた。サカゲイノデは見られなかったがハリマイノデ(サイゴクイノデ×サカゲイノデ)の可能性もある。
細長いサイゴクイノデあるいはその雑種。2023年4月22日 伊豆 筏場 細長いサイゴクイノデあるいはその雑種、葉身の先は2叉していた。2023年4月22日 伊豆 筏場
①細長いサイゴクイノデあるいはその雑種
②細長いサイゴクイノデあるいはその雑種、葉身

細長いサイゴクイノデあるいはその雑種、胞子のう群。2023年4月22日 伊豆 筏場
③細長いサイゴクイノデあるいはその雑種、胞子のう群





3回羽状に分かれるヒメカナワラビ
渓流沿い、ウエットな空気に包まれた谷の岩場に生育。大形で葉身だけで40㎝程度。3回羽状に分かれる。
ウエットな空気に包まれた谷の岩場に生育する3回羽状のヒメカナワラビ。2023年4月22日 伊豆 筏場
①ウエットな空気に包まれた谷の岩場に生育する3回羽状のヒメカナワラビ

3回羽状のヒメカナワラビ、羽片。2023年4月22日 伊豆 筏場 3回羽状のヒメカナワラビ、胞子のう群。2023年4月22日 伊豆 筏場
②3回羽状のヒメカナワラビ、羽片
③3回羽状のヒメカナワラビ、胞子のう群




オシダ属のなかま
イワヘゴ、イヌイワヘゴ、オオクジャクシダ、ベニシダ、キノクニベニシダ、ミドリベニシダ、ナガバノイタチシダ、ミヤマイタチシダ、ホオノカワシダなどが見られました。

イワヘゴ
川沿いの薄暗いスギ林林床に生育。葉の大きさは40~60㎝。
標本1
イワヘゴ、葉身。2023年4月22日 伊豆筏場 イワヘゴ、中軸下部の鱗片辺縁の突起はイヌイワヘゴに比べると鱗片の長さの割に大きい。2023年4月22日 伊豆筏場 
①スギ林床に生育するイワヘ
②イワヘゴ、中軸下部の鱗片

標本2
夏緑広葉樹林床に生育するイワヘゴ。2023年4月22日 伊豆筏場 イワヘゴ、羽片表面はわずかに葉脈に沿って窪むことがある。2023年5月8日 伊豆筏場産
①夏緑広葉樹林床に生育するイワヘゴ
②イワヘゴ、羽片表面

イワヘゴ、葉身下部の羽片葉短縮する。2023年5月8日 伊豆筏場産 イワヘゴ、羽片は葉身上部まで直線的。2023年4月22日 伊豆筏場
③イワヘゴ、葉身下部
④イワヘゴ、葉身上部





イヌイワヘゴ
川沿いの林縁のやや明るい石組みに生育。イワヘゴに比べて①中軸の鱗片は細長く辺縁の突起は小さい。②葉身は大きく70~100㎝、③羽片数が多い。④葉身下部では羽片と羽片の間隔が広く羽片の幅1~2枚分開く。⑤葉面は暗灰緑色マットな質感。⑥脈に沿ってほとんど窪まず平面的。⑦イワヘゴに比べ最下羽片はほとんど短縮しない。⑧イワヘゴの羽片は葉身の先まで直線的につくがイヌイワヘゴの葉身の先の羽片は鎌曲する。
川沿いの林縁のやや明るい石組みに生育するイヌイワヘゴ。2023年4月22日 伊豆筏場 イヌイワヘゴ、羽片表面は平らで葉脈に沿ってほとんど窪まない。2023年5月8日 伊豆筏場産 
①川沿いの林縁のやや明るい石組みに生育するイヌイワヘゴ
②イヌイワヘゴ、羽片表面

イヌイワヘゴ、中軸下部の鱗片。2023年4月22日 伊豆筏場 
③イヌイワヘゴ、中軸下部の鱗片

イヌイワヘゴ、葉身下部の羽片はあまり短縮せず間隔を空けてつける。2023年5月8日 伊豆筏場産 イヌイワヘゴ、葉身の先のほうの羽片はイワヘゴと異なり鎌曲する。2023年5月8日 伊豆筏場産
④イヌイワヘゴ、葉身下部
⑤イヌイワヘゴ、葉身上部





オオクジャクシダ
川沿いの林床に生育。スギ林の樹冠に覆われ薄暗い環境。葉柄下部の鱗片は明るい褐色。羽片の表面は葉脈の沿って窪む。胞子のう群は羽片の辺縁寄りにつける。
川沿いのスギ林床に生育するオオクジャクシダ。2023年4月22日 伊豆 筏場 オオクジャクシダ、羽片。2023年4月22日 伊豆 筏場
①川沿いのスギ林床に生育するオオクジャクシ
②オオクジャクシダ、羽片

オオクジャクシダ、葉柄。2023年4月22日 伊豆 筏場 オオクジャクシダ、葉柄基部の鱗片。2023年4月22日 伊豆 筏場
③オオクジャクシダ、葉柄
④オオクジャクシダ、葉柄基部の鱗片





キノクニベニシダ
ベニシダとは異なる色合いの新芽を伸ばしていた。
川沿いのスギ林床に生育するキノクニベニシダ。2023年4月22日 伊豆 筏場 キノクニベニシダ、新芽。2023年4月22日 伊豆 筏場
①川沿いのスギ林床に生育するキノクニベニシダ
②キノクニベニシダ、新芽




標本2 林道沿いの明るい林縁に生育
キノクニベニシダ、新芽。2023年4月22日 伊豆 筏場





ミドリベニシダ
乾燥気味の山の崖や岩場、山の谷よりも尾根側に多く生育。ベニシダとは混生することもあるが住み分けてもいる面もみられる。観察会でも谷部のスギ植林地内にも見られたが、上部を樹冠で覆われた乾燥気味の崖や山の尾根側でよく見られた。
 春の芽立ちの時期は新葉が淡緑色ですぐにそれとわかるが、この季節以外では、鱗片の色形以外では見分けることが難しく、生育すると考えられる環境(乾燥気味の岩が露出する崖や尾根)で、明るくやや幅のある披針形の鱗片をつけた株を探せばミドリベニシダと思われる。その場ですぐに確認できないもどかしさがあるので、できるだけ身近な場所で候補のミドリベニシダを見つけておいて春先に確認することが良いと思われる。
 外観はベニシダとよく似て区別が難しいが、新芽や包膜は淡い緑色(成長すると深緑色でベニシダと区別できない)。ベニシダは一般に黒褐色披針形の鱗片をつけるが、ミドリベニシダは葉柄には開出気味に直線的なやや幅のある明るい褐色の披針形の鱗片をつける。胞子のう群のつく位置はベニシダと同じくやや中肋寄りだが、包膜は紅色を帯びず淡緑色。
ミドリベニシダの新葉。2023年4月22日 伊豆 筏場 崖に群生するミドリベニシダ。群生の中に少数だがベニシダも混ざっていた。2023年4月22日 伊豆 筏場
①ミドリベニシダの新葉
②崖に群生するミドリベニシダ。(群生の中に少数だがベニシダも混ざっていた。)

ミドリベニシダ、葉柄には開出気味に直線的なやや幅のある明るい褐色の鱗片をつける。2023年4月22日 伊豆 筏場 ミドリベニシダ、葉柄には開出気味に直線的なやや幅のある明るい褐色の鱗片をつける。2023年4月22日 伊豆 筏場
③④ミドリベニシダ、葉柄の鱗片

ミドリベニシダ、葉柄には開出気味に直線的なやや幅のある明るい褐色の鱗片をつける。2023年4月22日 伊豆 筏場 ミドリベニシダ、葉柄基部には直線的なやや幅のある明るい褐色の鱗片をつける。2023年4月22日 伊豆 筏場
⑤⑥ミドリベニシダ、葉柄の鱗片

ミドリベニシダ、若草色の新葉。2023年4月22日 伊豆 筏場 ミドリベニシダ、包膜は白っぽい淡緑色。2023年4月22日 伊豆 筏場
⑦ミドリベニシダ、若草色の新葉
⑧ミドリベニシダ、包膜は白っぽい淡緑色





ミヤマイタチシダ
両側の山が迫った清流沿いでウエットな空気に包まれた林床では、キジノオシダ、オオキジノオの群生と共にミヤマイタチシダが群生していた。
山が迫った渓谷沿い、林床に群生するミヤマイタチシダ。左上はオオキジノオ。2023年4月22日 伊豆 筏場 ミヤマイタチシダ、羽片の間隔が広くなる胞子葉。周辺にはキジノオシダが生育。2023年4月22日 伊豆 筏場
①山が迫った渓谷沿い、林床に群生するミヤマイタチシ
②ミヤマイタチシダ、胞子葉





ホウノカワシダ
ウエットな空気に包まれたオーバーハングした岩壁に生育。大きな葉は1mを超える。
ウエットな空気に包まれた岩壁に生育するホウノカワシダ。2023年7月14日 伊豆 筏場 ウエットな空気に包まれた岩壁に生育するホウノカワシダ。2023年4月22日 伊豆 筏場
①②ウエットな空気に包まれた岩壁に生育するホウノカワシ

ホウノカワシダ、葉柄基部。2023年4月22日 伊豆 筏場
③ホウノカワシダ、葉柄基部

ホウノカワシダ、葉柄上部。2023年4月22日 伊豆 筏場 ホウノカワシダ、中軸。2023年4月22日 伊豆 筏場
④ホウノカワシダ、葉柄上部
⑤ホウノカワシダ、中軸

ホウノカワシダ、羽片。2023年4月22日 伊豆 筏場 ホウノカワシダ、胞子のう群。2023年7月14日 伊豆 筏場
⑥ホウノカワシダ、羽片
⑦ホウノカワシダ、胞子のう群




ウラボシのなかま
ノキシノブ、フジノキシノブと思われる株、クロノキシノブ、マメヅタ、クリハラン、ビロードシダなどが見られました。

川の上に張り出している樹幹に着生するビロウドシダ。2023年4月22日 伊豆 筏場 川の上に張り出している樹幹に着生するビロウドシダ。2023年4月22日 伊豆 筏場
①②川の上に張り出している樹幹に着生するビロウドシダ