ハチジョウベニシダ Dryopteris caudipinna

オシダ科 オシダ属

ハチジョウベニシダ。2021年3月31日 田代海岸

生育している環境:ひろちょん氏に案内していただく。砂浜に続く海岸林の緩やかな斜面。クロマツ・トベラ・モッコクなどが茂る林床に生育。

観察された特徴:葉の大きさは60~80㎝、光沢は強くなく葉の質は薄い。小羽片の辺縁には鋸歯があり(下部羽片の小羽片は浅~深裂)、ベニシダにくらべ細く・長く・薄く先端はヘロヘロと伸びる感じ。ベニシダとの区別は手触りを含め見慣れないと難しいが、胞子のようすを調べないと確信が持てない。包膜は紅色~白い。有性生殖種。葉を持ち帰り胞子を確認する。(国立公園外に生育)

ハチジョウベニシダ、葉身。2021年3月31日 田代海岸
ハチジョウベニシダ、葉身

ハチジョウベニシダ、最下羽片。2021年3月31日 田代海岸 ハチジョウベニシダ、最下羽片。2021年3月31日 田代海岸
(1)(2)ハチジョウベニシダ、最下羽片

ハチジョウベニシダ、小羽片は薄く不揃いで先端はヘロヘロする。2021年3月31日 田代海岸 ハチジョウベニシダ、小羽片は薄く不揃いで先端はヘロヘロする。2021年3月31日 田代海岸
(1)(2)ハチジョウベニシダ、小羽片



戻る