外部形態からノキシノブ類の分類を試みる 1

2023年10月21日 岐阜県神岡鉱山周辺の谷の岩壁・石組みでミカワノキシノブと思われるシダを20株ほど観察しました。ノキシノブの仲間は外観が似ており、特にノキシノブ、フジノキシノブ、ミカワノキシノブはよく似ています。これをきっかけに、ルーペなどを使ってノキシノブ類の外部形態の観察での判別を試みることにしました。なお、ノキシノブの仲間は生育地によっては雑種も多いので胞子のようすを確認して、有性生殖種と推定できる個体を対象に調べました。

ミカワノキシノブか Lepisorus mikawanus

ミカワノキシノブと思われるが、あるいは根茎から間隔を空けて葉をつけるフジノキシノブ・葉柄が黒くならないクロノキシノブの可能性もある。
このシダの特徴:①根茎には葉を間隔を空けてつける。②根茎の鱗片はノキシノブ同様に長いがに比べ長く幅が広い(根茎の鱗片辺縁の鋸歯はノキシノブにくらべ長い)。③葉柄は明瞭で淡い緑色。④葉の幅は広く紡錘形で葉身中央で最大幅となり、鮮緑色~濃緑色、光沢はある。⑤胞子のう群は葉身上半分程度上部につく。

上部を樹冠に覆われた石灰岩質片麻岩の岩壁に生育するミカワノキシノブか。神岡鉱山 2023年10月21日 ミカワノキシノブか、葉は厚い革質、裏側は白っぽい。神岡鉱山 2023年10月21日 
①上部を樹冠に覆われた石灰岩質片麻岩の岩壁に生育するミカワノキシノブか
②ミカワノキシノブか、葉は厚い革質裏側は白っぽい

ミカワノキシノブか、やや間隔を空けて(3 ~5㎜)葉をつける。神岡鉱山 2023年10月21日 ミカワノキシノブか。根茎および葉柄。神岡鉱山 2023年10月21日   
②ミカワノキシノブか、葉柄

ミカワノキシノブか。葉身の幅は広く1.5㎜になる。神岡鉱山 2023年10月21日 ミカワノキシノブか、胞子のう群は葉の先のほう、中間につく。神岡鉱山 2023年10月21日 
①ミカワノキシノブか。葉身裏側および胞子のう群
②ミカワノキシノブか、胞子のう群

 
ミカワノキシノブか。根茎の鱗片の鋸歯は長い。神岡鉱山 2023年10月21日 ミカワノキシノブか、根茎の鱗片の鋸歯は長い。神岡鉱山 2023年10月21日 
①②ミカワノキシノブか、根茎の鱗片(スケールの目盛りは1mm)

ミカワノキシノブか。葉身の鱗片の鋸歯は長い。神岡鉱山 2023年10月21日 ミカワノキシノブか、葉身の鱗片の鋸歯は長い。神岡鉱山 2023年10月21日 
①②ミカワノキシノブか、葉身の鱗片

ミカワノキシノブか、1つの胞子のうを壊したようす。胞子数は63個程度確認。神岡鉱山 2023年10月21日 ミカワノキシノブか、1つの胞子のうを壊したようす。胞子数は64個程度確認。神岡鉱山 2023年10月21日 
①ミカワノキシノブか、1つの胞子のうを壊したようす。胞子数は63個程度確認
②ミカワノキシノブか、1つの胞子のうを壊したようす。胞子数は64個程度確認




ノキシノブ Lepisorus thunbergianus

どこにでもあるが、クロノキシノブやフジノキシノブとの雑種もよく見られる。
特徴:①根茎には葉をやや込み合ってつける~込み合ってつける。②根茎の鱗片は細長い(根茎鱗片辺縁の鋸歯は短い)。③葉柄は明瞭ではない。④葉は線形~紡錘形、鮮緑色~濃緑色、光沢はある。⑤胞子のう群は葉身上半分~葉身上部につく。
標本1 ノキシノブ 相模湖
石組みの間に生育するノキシノブ。相模湖 2023年11月12日 
①石組みの間に生育するノキシノブ

石組みの間に生育するノキシノブ、葉は込み合ってつく。相模湖 2023年11月12日 石組みの間に生育するノキシノブ、葉は込み合ってつく。相模湖 2023年11月12日 
②③ノキシノブ、葉柄

ノキシノブ、根茎の鱗片は細長く鋸歯は短い。相模湖 2023年11月12日 ノキシノブ、根茎の鱗片は細長く鋸歯は短い。相模湖 2023年11月12日 
④⑤ノキシノブ、根茎の鱗片(スケールの目盛りは1mm)

ノキシノブ、葉身の鱗片の鋸歯は短い。相模湖 2023年11月12日 ノキシノブ、葉身の鱗片の鋸歯は短い。相模湖 2023年11月12日 
⑥⑦ノキシノブ、葉身の鱗片

ノキシノブ、1つの胞子のうを壊したようす。胞子数は63個程度確認。相模湖 2023年11月12日 ノキシノブ、1つの胞子のうを壊したようす。胞子数は60個程度確認。相模湖 2023年11月12日 
⑧ノキシノブか、1つの胞子のうを壊したようす。胞子数は63個程度確認
⑨ノキシノブか、1つの胞子のうを壊したようす。胞子数は60個程度確認





標本2 ノキシノブ 相模湖中伊豆町
橋の石組みに生育するノキシノブ。相模湖 2023年11月12日 ノキシノブ、葉の裏側および胞子のう群。相模湖 2023年11月12日 
①橋の石組みに生育するノキシノブ
②ノキシノブ、葉の裏側および胞子のう群

ノキシノブの根茎および葉柄、葉は込み合ってつく。相模湖 2023年11月12日 ノキシノブの根茎および葉柄、葉は込み合ってつく。相模湖 2023年11月12日   
③④ノキシノブ、葉のつき方

ノキシノブ、根茎の鱗片は細長く鱗片の鋸歯は短い。相模湖 2023年11月12日 ノキシノブ、根茎の鱗片は細長く鋸歯は短い。相模湖 2023年11月12日   
⑤⑥ノキシノブ、根茎の鱗片(スケールの目盛りは1mm)

ノキシノブ、葉身の鱗片の辺縁の鋸歯は短い。相模湖 2023年11月12日   
⑦ノキシノブ、葉身の鱗片

ノキシノブ、葉身の鱗片の辺縁の鋸歯は短い。相模湖 2023年11月12日 ノキシノブ、葉身の鱗片の辺縁の鋸歯はほとんど見られない。相模湖 2023年11月12日   
⑧⑨ノキシノブ、葉身の鱗片

ノキシノブ、1つの胞子のうを壊したようす。胞子数は64個程度確認。相模湖 2023年11月12日 ノキシノブ、1つの胞子のうを壊したようす。胞子数は63個程度確認。相模湖 2023年11月12日 
⑩ノキシノブ、1つの胞子のうを壊したようす。胞子数は64個程度確認
⑪ノキシノブ、1つの胞子のうを壊したようす。胞子数は63個程度確認





標本3 ノキシノブ 天理市 苣原町
神社の社叢林の樹幹に生育するノキシノブ。天理市苣原町 2023年11月21日 ノキシノブ、葉は込み合ってつく。天理市苣原町 2023年11月21日 
①神社の社叢林の樹幹に生育するノキシノブ
②込み合って葉をつけるノキシノブ

ノキシノブ、葉身。天理市苣原町 2023年11月21日 ノキシノブ、葉身裏側。天理市苣原町 2023年11月21日 
①ノキシノブ、葉身
②ノキシノブ、葉身裏側

ノキシノブ、根茎の鱗片は細長く鱗片辺縁の鋸歯は短い。天理市苣原町 2023年11月21日 ノキシノブ、根茎の鱗片は細長く鱗片辺縁の鋸歯は短い。天理市苣原町 2023年11月21日 
①②ノキシノブ、根茎鱗片(スケールの目盛りは1mm)

ノキシノブ、1つの胞子のうを壊したようす。胞子数は63個程度確認。天理市苣原町 2023年11月21日 ノキシノブ、1つの胞子のうを壊したようす。胞子数は60個程度確認。天理市苣原町 2023年11月21日 
①ノキシノブ、1つの胞子のうを壊したようす。胞子数は63個程度確認
②ノキシノブ、1つの胞子のうを壊したようす。胞子数は60個程度確認





標本4 ノキシノブ 伊豆半島 中伊豆町
サクラの樹幹に生育するノキシノブ。中伊豆町 2023年11月19日 サクラの樹幹に生育するノキシノブ。中伊豆町 2023年11月19日
①②サクラの樹幹に生育するノキシノブ

ノキシノブ、葉身。中伊豆町 2023年11月19日 ノキシノブ、葉はやや込み合ってつく。中伊豆町 2023年11月19日
①ノキシノブ、葉身
②ノキシノブ、葉のつき方

ノキシノブ、根茎の鱗片は細長く鱗片辺縁の鋸歯はやや短い。中伊豆町 2023年11月19日 ノキシノブ、根茎の鱗片は細長く鱗片辺縁の鋸歯はやや短い。中伊豆町 2023年11月19日
①②ノキシノブ、根茎の鱗片(スケールの目盛りは1mm)

ノキシノブ、胞子数54個程度確認、大きさ・形は整い有性生殖種と推定される。中伊豆町 2023年11月19日 ノキシノブ、胞子数63個程度確認、大きさ・形は整い有性生殖種と推定される。中伊豆町 2023年11月19日
①ノキシノブ、1つの胞子のうを壊したようす。胞子数は54個程度確認
②ノキシノブ、1つの胞子のうを壊したようす。胞子数は63個程度確認





標本5 ノキシノブ 相模湖 奥畑
林内のコンクリートの擁壁面に生育。採取時はひどく乾燥していたが、株ごと水に浸しジップロックに入れておくと元気になった。
林内のコンクリートの擁壁面に生育するノキシノブ。相模湖 奥畑 2023年12月10日 水分を吸収した同じ株。相模湖 奥畑 2023年12月10日
①林内のコンクリートの擁壁面に生育するノキシノブ
②水分を吸収した同じ株

ノキシノブ、葉は込み合ってつく。相模湖 奥畑 2023年12月10日
③ノキシノブ、葉のつき方

ノキシノブ、根茎の鱗片は細長い。相模湖 奥畑 2023年12月10日 ノキシノブ、根茎の鱗片は細長い。相模湖 奥畑 2023年12月10日
④⑤ノキシノブ、根茎の鱗片(スケールの目盛りは1mm)

ノキシノブ、胞子数63個程度確認、大きさ・形は整い有性生殖種と推定される。相模湖 奥畑 2023年12月10日 ノキシノブ、胞子数64個程度確認、大きさ・形は整い有性生殖種と推定される。相模湖 奥畑 2023年12月10日
①ノキシノブ、1つの胞子のうを壊したようす。胞子数は63個程度確認
①ノキシノブ、1つの胞子のうを壊したようす。胞子数は64個程度確認





標本6 ノキシノブ 西伊豆町
道沿いに植栽されているサクラの樹幹に生育するノキシノブ。西伊豆町 2024年1月6日 ノキシノブ、葉身。西伊豆町 2024年1月6日
①道沿いに植栽されているサクラの樹幹に生育するノキシノブ
②ノキシノブ、葉身

ノキシノブ、根茎には葉を込み合ってつける。西伊豆町 2024年1月6日 
③ノキシノブ、葉のつき方

ノキシノブ、根茎の鱗片は細長い。西伊豆町 2024年1月6日 ノキシノブ、根茎の鱗片は細長い。西伊豆町 2024年1月6日
④⑤ノキシノブ、根茎の鱗片(スケールの目盛りは1mm)

ノキシノブ、胞子数62個程度確認、大きさ・形は整い有性生殖種と推定される。西伊豆町 2024年1月6日
⑥ノキシノブ、1つの胞子のうを壊したようす。胞子数は62個程度確認




フジノキシノブ Lepisorus kuratae

広く生育するが、ノキシノブとよく似ており区別が難しい。
特徴:①根茎には葉を込み合ってつける。②根茎の鱗片はノキシノブに比べ短く幅が広い(根茎鱗片辺縁の鋸歯はノキシノブにくらべ長い)。③葉柄は明瞭ではない。④葉は紡錘形でノキシノブよりも幅が広く葉身中央よりも上部で最大幅となり、淡黄緑色~鮮緑色。光沢は弱い。⑤胞子のう群は葉身上半分につく

標本1 フジノキシノブ 相模湖 底沢
谷沿いのコンクリートの擁壁に生育するフジノキシノブ。相模湖 底沢 2023年11月12日 谷沿いのコンクリートの擁壁に生育するフジノキシノブ。相模湖 底沢 2020年4月22日 
①谷沿いのコンクリートの擁壁に生育するフジノキシノブ
②谷沿いのコンクリートの擁壁に生育するフジノキシノブ(以前同じ地点で撮影)

フジノキシノブ、葉身。相模湖 底沢 2023年11月12日 フジノキシノブ、葉身裏側。相模湖 底沢 2023年11月12日 
①フジノキシノブ、葉身
②フジノキシノブ、葉身裏側

フジノキシノブ、葉は込み合ってつく。相模湖 底沢 2023年11月12日 フジノキシノブ、葉は込み合ってつく。相模湖 底沢 2020年6月16日  
①フジノキシノブ、葉のつき方
②フジノキシノブ、葉のつき方(以前同じ地点で採取した個体)

フジノキシノブ、根茎の鱗片は幅が広く短い。相模湖 底沢 2023年11月12日 フジノキシノブ、根茎の鱗片は幅が広く短い。相模湖 底沢 2020年6月16日  
①②フジノキシノブ、根茎鱗片(スケールの目盛りは1mm)

フジノキシノブ、葉身の鱗片辺縁の鋸歯は長い。相模湖 底沢 2023年11月12日 フジノキシノブ、葉身の鱗片辺縁の鋸歯は長い。相模湖 底沢 2020年6月16日  
①②フジノキシノブ、葉身鱗片

フジノキシノブ、胞子は未成熟であるが、胞子数64個、大きさ・形は整い有性生殖種と推定される。相模湖 底沢 2023年11月12日 フジノキシノブ、胞子は未成熟であるが、胞子数60個、大きさ・形は整い有性生殖種と推定される。相模湖 底沢 2020年6月16日  
①フジノキシノブ、1つの胞子のうを壊したようす。胞子数は64個程度確認 ※胞子は未成熟
②フジノキシノブ、1つの胞子のうを壊したようす。胞子数は60個程度確認 ※胞子は未成熟





標本2 フジノキシノブ 伊豆半島 西伊豆町中伊豆町 
人家の石垣に生育するフジノキシノブ。西伊豆町 2023年11月19日 
①人家の石垣に生育するフジノキシノブ

フジノキシノブ、葉は込み合ってつける。西伊豆町 2023年11月19日 フジノキシノブ、葉は込み合ってつける。西伊豆町 2023年11月19日 
①②フジノキシノブ、葉のつき方

フジノキシノブ、葉身。西伊豆町 2023年11月19日 フジノキシノブ、葉身裏側。西伊豆町 2023年11月19日 
①フジノキシノブ、葉身
②フジノキシノブ、葉身裏側

フジノキシノブ、根茎の鱗片は幅が広く短い。西伊豆町 2023年11月19日 フジノキシノブ、根茎の鱗片は幅が広く短い。西伊豆町 2023年11月19日 
①②フジノキシノブ、根茎の鱗片(スケールの目盛りは1mm)

フジノキシノブ、葉身の鱗片辺縁の鋸歯は長い。西伊豆町 2023年11月19日 フジノキシノブ、葉身の鱗片辺縁の鋸歯は長い。西伊豆町 2023年11月19日 
①②フジノキシノブ、葉身の鱗片

フジノキシノブ、胞子数61個程度確認、大きさ・形は整い有性生殖種と推定される。西伊豆町 2023年11月19日 フジノキシノブ、胞子数57個程度確認、大きさ・形は整い有性生殖種と推定される。西伊豆町 2023年11月19日 
①フジノキシノブ、1つの胞子のうを壊したようす。胞子数は61個程度確認
②フジノキシノブ、1つの胞子のうを壊したようす。胞子数は57個程度確認





標本3 フジノキシノブ 伊豆半島 西伊豆町
渓流沿いの石垣に生育するフジノキシノブ。西伊豆町 2024年1月6日 フジノキシノブ、採取後、少し乾燥した葉の状態。西伊豆町 2024年1月6日 
①渓流沿いの石垣に生育するフジノキシノブ
②フジノキシノブ、少し乾燥した葉の状態(①と同じ株)

フジノキシノブ、十分に水分を吸収した状態。西伊豆町 2024年1月6日 フジノキシノブ、裏側。西伊豆町 2024年1月6日 
①フジノキシノブ、十分に水分を吸収した状態(①と同じ株)
②フジノキシノブ、裏側(①と同じ株)

フジノキシノブ、根茎には葉を込み合ってつける。西伊豆町 2024年1月6日 フジノキシノブ、根茎には葉を込み合ってつける。西伊豆町 2024年1月6日 
①②フジノキシノブ、葉のつき方

フジノキシノブ、根茎の鱗片は幅が広く短い。西伊豆町 2024年1月6日 フジノキシノブ、根茎の鱗片は幅が広く短い。西伊豆町 2024年1月6日 
①②フジノキシノブ、根茎の鱗片(スケールの目盛りは1mm)

フジノキシノブ、胞子数62個程度確認、大きさ・形は整い有性生殖種と推定される。西伊豆町 2024年1月6日 フジノキシノブ、胞子数64個程度確認、大きさ・形は整い有性生殖種と推定される。西伊豆町 2024年1月6日
①フジノキシノブ、1つの胞子のうを壊したようす。胞子数は62個程度確認
②フジノキシノブ、1つの胞子のうを壊したようす。胞子数は64個程度確認



雑種

ノキシノブの群生地では雑種がときどき観察される。ノキシノブ×フジノキシノブ、ノキシノブ×クロノキシノブ、フジノキシノブ×クロノキシノブなどが考えられる。ノキシノブ類の雑種は一般に植物体が大きくなる傾向が見られる。葉の長さや幅が大きく立派な個体は雑種であることが多いようである。

標本1 フジノキシノブが関わる雑種 相模湖 底沢
外観は大形のフジノキシノブに見えた。人家の北面の石垣にクロノキシノブが群生する中で観察された。フジノキシノブが関わる雑種と思われるが正確なことはわからない。
人家の北面の石垣に生育するフジノキシノブが関わる雑種と推定(左)とクロノキシノブ(右)。相模湖 底沢 2023年12月10日 フジノキシノブが関わる雑種、葉身下部。相模湖 底沢 2023年12月10日
①人家の北面の石垣に生育するフジノキシノブが関わる雑種と推定(左)とクロノキシノブ(右)
②フジノキシノブが関わる雑種、葉身下部

フジノキシノブが関わる雑種、胞子の大きさに大小があり、形が歪なものが多数混ざる。相模湖 底沢 2023年12月10日 フジノキシノブが関わる雑種、胞子の大きさに大小があり、形が歪なものが多数混ざる。相模湖 底沢 2023年12月10日
③④フジノキシノブが関わる雑種、胞子の大きさに大小があり、形が歪なものが多数混ざる





標本2 フジノキシノブが関わる雑種 相模湖 底沢
フジノキシノブではないかと思い胞子を採取し観察、胞子のようすは乱れていて雑種と推定される。川沿いの人家の石垣に生育。葉が大きな個体であった。一般にノキシノブ類の有性生殖種の胞子のう群はきれいな黄色をしていることが多いが、この株の胞子のう群は黒っぽかった。
川沿いの人家の石垣に生育するフジノキシノブが関わる雑種と推定。相模湖 底沢 2023年11月12日 フジノキシノブが関わる雑種と推定、胞子のう群は葉身の上方につく。相模湖 底沢 2023年11月12日
①川沿いの人家の石垣に生育するフジノキシノブが関わる雑種と推定
②フジノキシノブが関わる雑種と推定、胞子のう群は葉身の上方につく

フジノキシノブが関わる雑種と推定、根茎に葉はやや込み合ってつける。相模湖 底沢 2023年11月12日 フジノキシノブが関わる雑種と推定、根茎に葉はやや込み合ってつける。相模湖 底沢 2023年11月12日
③④フジノキシノブが関わる雑種と推定、葉のつき方

フジノキシノブが関わる雑種、胞子の大きさに大小があり、形が歪なものが多数混ざる。相模湖 底沢 2023年11月12日 フジノキシノブが関わる雑種、胞子の大きさに大小があり、形が歪なものが多数混ざる。相模湖 底沢 2023年11月12日
③④フジノキシノブが関わる雑種、胞子の大きさに大小があり、形が歪なものが多数混ざる


今後、標本を観察したら追加掲載いたします